RECRUIT BLOG

2022.08.30

デビューまでにお姉さんができること

オーシャン&リゾートマリゾンの中平でございます。(写真右下)
先日私の妹の塩川さんがコーディネーターデビューをしました。

Dress the Lifeではお姉さんという制度があります。
もちろん本物の姉、妹ではなくコーディネーターデビューをするまでにお世話を担当します。

塩川さんがマリゾンへ配属されたのは5月です。
彼女は3月に天神店へ中途入社をし異動してきました。

塩川さんが異動することは直前に知りました。まだコーディネーターデビューしていないと聞いてまず、思うのはお姉さん誰がするだろうでした。
SM
(ショップマネージャー)からお姉さんをしてほしいとお願いされたときはやはり責任感が沸いてくると同時に不安にもなりました。
ちゃんとデビューするまでに育てられるのだろうか・・と。
ただ、もちろん私も自分がコーディネーターデビューするまで、お姉さんという存在の先輩がいました。
なので、初心を思い返しながら一緒に始めます。

まず、お姉さんと妹は常に一緒にいます。
妹には常に接客のサブに入ってもらいどんなことをするのか見て覚えてもらいます。
試着のお部屋の中ではどんな動きをするのか、どんな立ち振る舞いや話しをするのか実際にお部屋の中では、妹にももちろん手伝ってもらいながら接客をします。

お客様と一緒にいるときはお客様優先なので、楽しく会話に馴染んでもらう事が1番ベストで、お客様に楽しくフィッテイングをしてもらいたいと思っています。
もちろんお客様を楽しい気持ちにできたら私たちも楽しく仕事ができると私は考えています。

接客が終わったら振り返りをし、後でフィードバックします。
その繰り返しをするとできなかったことも出来るようになります。

私にはお姉さんとしての心構えがあり、後輩が例えばミスをした場合はその日中に声をかけるように心がけています。
もし、その日に声をかけずに違うタイミングで思い出したかのように話したときに、きっと相手はずっとそのことを思っていたと思わせてしまうからです。だから必ずその場で伝えていくようにしています。

少し話が脱線しましたが、お姉さんが教えないといけないことはまだまだ沢山あります。

それは、練習です。
私たちには接客の流れがあります。どういう風にお客様をご案内して、カウンセリングをしドレスをご紹介するか。どういう風に素敵にコーディネートをしてお客様に喜んでもらえるかです。もちろん最終的にはお客様に私たちの素敵なドレスを選んでもらえるかです。

お姉さんも妹も毎日接客があります。
時間を見つけて、時には仕事が始まる前に少し早めに出社して練習をします。
お姉さんという立場は妹にプレッシャーをかけすぎてもいけないけど、期待を込めてプレッシャーをかけるときもあります。
妹が仕事を楽しく学べる環境にしたいと私も努力しています。
妹に教えている立場ですが同時にお姉さんをして私も後輩に教える難しさや育てる力を学んでいます。
塩川さんは無事にデビューできましたが、まだまだ彼女も覚えることは沢山あります。
彼女のお姉さんはまだまだ続きますが、よき理解者として一緒に成長したいと思っています。

BACK TO INDEX