RECRUIT BLOG

2022.08.17

コーディネーターがゲストとして参列した気持ち

いつもリクルートブログをご覧いただきましてありがとうございます。
Authentique銀座にてコーディネートをしております、北原沙奈と申します。
先日別記事にて姉の結婚式を担当した際の気持ちなどをブログで掲載させていただいたのですが、実は同じ月にもう1件憧れのお姉さんの結婚式に参列させていただきました。

Dress the lifeにはお姉さん制度があり、新入社員や中途採用にて仲間入りしてくれたメンバーには、業務のサポートやデビューに向けて一緒に取り組んでくださるお姉さん・お兄さんがついてくれます。

私は中途採用でDress the lifeの仲間入りをし、当初配属された店舗でお姉さんに出会いました。
デビュー後の異動に伴い、お姉さんとは別々のショップにてコーディネーターをやっていき、それでも辛いことや嬉しいことを店舗が離れていても共有し、何でも相談でき、憧れの存在でした。

そんな憧れのお姉さんと約2年半ぶりに同じ店舗でお仕事をさせていただくことになり、そしてご結婚式を挙げられるということで、一緒にドレス選びをさせていただくことになりました。
ご案内のときには二人の中の思い出話や、ドレスのコーディネートの話など久しぶりに姉妹として色々なお話が出来ました。

幸せそうにご家族様のお話をする姿を見ていて、私も幸せな気持ちになり、ますます当日が楽しみになっていました。
お姉さんから素敵なお便りが来て、私も参列させていただくことに。

一緒に選んだドレスで入場されたときには自然と涙が出ておりました。
お姉さんが好きなブランドでなおかつ新作が入ってくるときに絶対に合いそうと思っていたドレスでしたので、一緒に選んだドレスを着てもらえることの嬉しさを全身に感じました。

ゲストの皆様からもドレスを褒めていただいている姿を見ていた時に、職場の妹が選んでくれたの!と笑顔でお話してくださるお姉さんを見て、また感動して涙が出てきました。
ブーケや演出、会場コーディネートもさすがだなと感じるセンスがいいものばかりで、コーディネーターという気持ちではなく、自然とゲストとして沢山楽しんだ1日でした。
自分のこと以上に私に時間をかけていつでも心配してくださり、何かあれば自然と感じ取ってくださり、そしてお客様にも愛情をもってご案内しているお姉さんは私の大好きなコーディネーターであり、人としても憧れるお姉さんです。

コーディネーターとしてプレッシャーを感じることも日々多いです。

ただ、今後の人生を共にすると決めたお二人の覚悟、今まで育ててきたご両親様のお気持ち、そしてご友人様や私のように恩師の結婚式として楽しみにされているゲストの皆様が一同に集まる大切な1日です。

私ではないとご提案出来ないと思えるくらい、お客様に寄り添い、ご提案し、お客様の笑顔を見た時は今までない以上の幸福感を得られる素敵な職業です。

個人プレーではなく、店舗のメンバー、そしてお姉さん・お兄さんがいつでも頼れる空間の中、自分を強く育てていくことができます。  

ぜひ一緒にお客様の人生を彩るお手伝いをしてみませんか。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

BACK TO INDEX