RECRUIT BLOG

2020.03.14

銀座で働くということ

リクルートブログをご覧の皆様、はじめまして。Authentique銀座にてドレスコーディネーターをしております梅澤今日子と申します。(写真中央)
私は学生時代からブライダル業界に興味があり、以前はアパレルをしておりましたが、その夢を捨てきれず2018年の4月に中途採用としてDress the Lifeに入社いたしました。
転職活動中、「自分が心から好きと思えるドレスを取り扱っているお店で働きたい」という思いが絶対条件だったため、もし自分が結婚式を挙げるなら。大切な人が着るなら。を考えながら再就職先を探しておりました。そんな中、Authentiqueのドレスを見つけたとき「ここだ」と感じた気持ちは今でも忘れません。Authentiqueの想いやブランド力、そこに通づるDress the Lifeの理念に感銘を受け自宅からのアクセスが良いという理由から横浜店へお話を伺いに行きました。
その時お話してくださったスタッフの方がとても親身になって話を聞いてくださり、なんて思いやりのある方なのだろう、この人みたいになりたい、ここで働けたら幸せだろうなと感じたため応募することを決めました。

無事内定が決まったときはその方への憧れから、横浜で働きたいと思っておりましたが、配属されたのは銀座でした。はじめは戸惑いもありましたが、世界的に見てもトップクラスの銀座の一等地で働けることに胸が高鳴りました。実際に銀座での日々が始まると、接客クオリティの高さや競合店の多さ、一流ホテルやレストランの会場様の知識が必要なことなど、大型店であるからこその規模に圧倒されてしまいました。そして、Dress the Lifeをも引っ張る店舗だということを目の当たりにし、正直その重圧に押しつぶされそうになる時期もありました。

しかし、そんな私を救ってくれたのは温かいお言葉をくださるお客様や一番近くで見てくださっていた銀座のスタッフの皆でした。
悩んでいるときに一番に駆けつけてくださるお姉さんや先輩方、親身に話を聞いてくれる同期、刺激をくれる後輩がいるからこそ日々頑張れていると思います。
様々なお客様と出会え、競合店が多いからこそ磨かれる接客力、大型店であるからこそできるドレスのご提案の幅を楽しめるのだなと気づいてからは、銀座で働ける喜びを実感しております。私が一番尊敬している先輩が大事にされている言葉で
「自分がご案内するお客様が一番かわいいと思いながらご案内している」
という言葉がとても素敵だなと思い、今では私も毎日心に誓っております。明日はどんなお客様に出会えるのだろう、どんなご提案をしよう、こんなにもワクワクしながらできるお仕事はそう多くは無いと思います。
Dress the Lifeであるからこそできるこの思いを、是非一緒に体験しませんか。

————————————

【Instagram】
Dress the Life 公式採用アカウント 毎週更新中!(@dressthelife)
社内の雰囲気や仕事内容について、更新しております。
ぜひご確認くださいませ。

BACK TO INDEX