ページの先頭です

ヘッダーの始まりです

メニューの始まりです


本文の始まりです

RECRUITING BLOGリクルートブログ

バイヤーのお仕事:NY bridal fashion week

 – 

リクルートブログをご覧の皆様、こんにちは。
MDのスタイルオフィスに所属し、Authentiqueでバイヤー/PRをしております、太田友美と申します。

本日はバイヤーと聞いて一番想像される、海外での買付のお仕事内容をお届けいたします。 年に2回、NYでbridal fashion weekが開催されます。
Dress the Lifeにある4つのショップブランドをそれぞれ担当するバイヤーと一緒に各ブランドを回ります。 各ショップのコンセプトや、商品ラインナップの戦略、各店舗からの要望などを事前にしっかり準備して、各ブランドとのアポイントに臨みます。

今回Authentiqueではもの作りの想いや背景、シルエットや素材にこだわったドレスを探していました。
特に熱く語ってくれたのは、Peter Langner。
デザイナー本人がずっと近くで「この素材は、このデザインは、」と細かく教えてくれました。
もの作りへの熱いこだわりを感じます。 日本でいち早くAuthentiqueで取扱いをスタートしたHALFPENNYLONDON。
今回のコレクションテーマは”family”
発表されたドレス1つ1つにスタッフの名前が付けられていたり、デザイナーのお母様が作るフラワーモチーフが随所にあしらわれていたり・・・
とても愛を感じるもの作りにとても感動しました。 バイイングの際に感じる、もの作りへのこだわりは私達バイヤーにとっても、とてもワクワクする魅力的なものです。
早く、このドレス達をコーディネーターに見せてブランドの想いを伝えてあげたい。
早く、お客様のもとへお届けしてコーディネーターに語って欲しい。
毎回そんな気持ちになります。 買付後帰国してからは、コーディネーターへその熱い想いをそのまま伝えられるように勉強会を行っています。
ワクワクした気持ちをそのままに、お客様へお伝えしてもらえるよう勉強会をするのもバイヤーとしての大切な役割です。 バイヤーのお仕事に興味のある方、一緒にデザイナー達の想いを伝えるお仕事をしてみませんか。
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

本文の終わりです


新卒・中途・アルバイト採用受付中

募集要項、エントリー方法は下記ページよりご確認ください。

ENTRY


CORPORATE SITE

pagetop