RECRUIT BLOG

2019.12.17

入社10年経った今の私の働き方

いつもリクルートブログをご覧いただきましてありがとうございます。
HRの草野理沙と申します。(写真右) 

HRにもいろいろな業務がありますが、今は労務/総務チームで、主に入社/退職される方々の手続きや、人事異動者の手続き、休職中の方の手当金の申請など、さまざまな業務を担当させていただいております。以前は採用/教育チームとして、採用/教育の業務に携わっていたため、就職活動中の学生のみなさんやキャリア採用を考えている方々とお顔を合わせる機会も多々ありました。
その際にたびたび、「結婚や出産を経てもキャリアをあきらめずに働きたい」というお声を耳にしていました。 

実は私は、4歳と1歳、2人の女の子を育てるママ社員です。

ママになっても出産前と同じように働くことができるのか?
保育園がお休みの日曜日はどうしているのか?・・・・など、実際に質問をいただいたこともあわせながら、今の自身の働き方についてお伝えしたいと思います。

 

私がDress the Lifeに入社したのは、今から10年ほど前になります。
その頃は、ママで働いている方というのは、ほとんどがアシスタント(アルバイト)としてお仕事をされていたように思います。 

おそらく、私も含めですが、ママになっても産前と同じように働く社員がぐんと増えたのは、この数年間だと思います。
この数年間で、ママになっても産前と同じようにキャリアをあきらめないで働けるような制度ができたことが、大きなきっかけになっています。

私はいま、地域限定・短時間勤務・曜日限定正社員として、働いております。

 まず、【地域限定正社員】とは、エリアを限定して働くことができる制度です。
従来は、勤務地の制限がないこと(転勤があること)が正社員の条件でした。

結婚して子供が生まれると、転居を伴う異動というのは、なかなか厳しいものがあります。そのため、この制度ができる前は、結婚/出産を機に正社員からアシスタントへ身分変更する方がほとんどでしたが、【地域限定正社員】を選択できるようになったことで、働き方の選択の幅が広がりました。

Dress the Lifeの【地域限定正社員】は、ママにかかわらずすべての正社員が選択できる権利があります。

 

【短時間勤務】は、通常の業務時間よりも就労時間を短縮して働くことができる制度です。

わたしが勤務している福岡本社は始業が9:30、定時の退社時間は18:30ですが、会社から自宅までは45分ほど・・・子供たちを預けている保育園は通常18時までなので、どう考えてもお迎えが間に合いません。そこで【短時間勤務】制度を使用させていただき、フルタイムより短い時間で勤務をしています。
早く帰らせていただくことでチームのみなさんにはご迷惑をおかけしていますが、いつも快く送り出してくださり、感謝の気持ちでいっぱいです・・・!

 

そして【曜日限定正社員】は、曜日の制限をして働くことができる制度です。

本社は土日がお休みの部署もありますが、ほとんどのショップは基本的にお休み(定休)が平日です。ただ、子どもを預ける保育園は、日曜日/祝日はお休み・・・。
以前は働く曜日に制限がないことが正社員の条件だったのですが、この【曜日限定正社員土日を1日以上含む週5日勤務】ができてからは、この制度を使わせてもらっています。

日曜は主人も仕事のことが多い我が家にとっては、非常にありがたい制度です。

 また、曜日を限定せずに働けるように、日曜/祝日のシッター代を補助する制度もあります。次女がもう少し大きくなったら、チャレンジしてみたいな・・・と、考えています。 

【短時間勤務】【曜日限定正社員】は、現在は小学校3年生までの子供がいる社員を対象にした制度になりますが、将来は全社適用を目指しています。

働き方の選択肢が広がることで、Dress the Lifeで叶うライフプランも増えることと思います。 

最後までお読みいただきありがとうございました。

BACK TO INDEX