ページの先頭です

ヘッダーの始まりです

メニューの始まりです


本文の始まりです

RECRUITING BLOGリクルートブログ

バックオフィスって何?

 – 

皆さま、こんにちは。
渕上ファインズ取締役の西村正樹です。

Dress the Lifeの採用ブログをいつも見ていただき本当にありがとうございます。私たちの仕事内容だけでなく、考えていることや感じていることが伝わればいいなと思っています。

今回はDress the Lifeのバックオフィスをご紹介しようと思います。

そもそもバックオフィスとはなんでしょうか?

googleで検索してみると、
バックオフィスとは、企業活動において顧客に直接に対峙する機会が特になく、顧客に接する部署・部門の支援に回る部署や業務のことである。 事務処理、管理業務、人事・経理・法務・財務・総務といった部門・業務が主にバックオフィスに区分される。
参照:weblio辞書
 
だそうです。

つまり、お客様と直接やり取りすることのない社内向け業務を行う部門ですね。
Dress the Lifeでいうと、HR(総務人事) / ITBS(情報システム) / FA(財務経理) / DC(商品管理) / MD(商品企画) などのことです。
ちなみにお客様に直接接する部門はフロントオフィスと呼ばれます。

バックオフィスは、新郎新婦様に直接的に接することはありませんが、会社組織を効率よく運営するためには必要な部門です。
お客様に提供する直接的な価値ではなく、その価値を提供する部門の効率を最大化することで間接的にお客様に提供する価値を高めることが目的となります。

例えば、給与を支払うケースを考えてみます。
給与の支払いのためには、期日までに就業時間をまとめて、残業計算をして、税金などの控除する金額を計算して、給与を決定します。その後、会社の口座から指定の口座に間違いなく振り込む必要があります。もし給与を支払うことで、残高がなくなったり、パートナー様への支払いができなくなりそうなのであれば、なんとかして口座にお金(運転資金といいます)を集めないといけません。支払いは、個人の給与を個人の口座に振り込むだけでなく、国や健康保険組合に所得税や健康保険料、雇用保険料などへの支払いも必要です。健康保険料率が変わったりすると、その変更も実施しないといけません。


。。。こんなの毎回ドレスコーディネーターがやってる場合じゃないですよね?そんな時間があるならお客様のためにドレスコーディネーターのスキルと時間を使うべきです。

バックオフィスは、そのような個人でやるとなかなか面倒な作業をまとめて実施する役割を持っています。
なので、バックオフィスは全社員が個別で実施するときにかかるコストよりも、圧倒的に低いコストで作業が実現できないと存在する意味がないんです。
つまり、生産性に徹底的にこだわる必要があります。

Dress the Lifeでは、バックオフィスの生産性を高めるために、色々なツールを導入して仕組み自体を作ったり改善し続けたりしています。
入社手続きをスマホで行っていただき自動で社内システムに反映される仕組みだったり、給与明細をパソコンで見れる仕組みだったり、出退勤をスマホで行える仕組みだったり、移動中でもスマホから社内システムが使える仕組みだったり、簡単なフォームに入力するだけで電報が打てたり・・・
個人の処理能力が高まると生産性もあがりますので、各自の能力開発も必要ですし意識しています。


さらに生産性をあげるために、最近は業務を細かいタスクに区切って、タスクごとに社外にアウトソーシングすることも増やしています。以前紹介させてもらったロボット社員の色戸理央さんも生産性を上げるための一つの工夫です。
フロントオフィスメンバーの人数を増やしたり、時間を100%お客様に使えるようになると、もっとお客様の人生を彩ることができるはずですよね。

ドレスコーディネーターも本当に素晴らしい仕事ですが、ドレスコーディネーターや会社を支えるバックオフィスの仕事も、間接的ではありますがお客様の人生を彩るために必要な仕事なんです。
募集数は少ないですが弊社採用サイトで募集もしていますし、ドレスコーディネーターからバックオフィスに移っていただくケースもあります。

お客様の人生を彩ることの共感いただける方は、ぜひ一度ご連絡ください!

本文の終わりです


新卒・中途・アルバイト採用受付中

募集要項、エントリー方法は下記ページよりご確認ください。

アルバイト採用


CORPORATE SITE

pagetop