RECRUIT BLOG

2019.01.02

私の好きなEVERY

リクルートブログをお読みいただきありがとうございます。はじめまして、中途入社5年目の菅恵梨子と申します。(一番左)

私のDress the Lifeは2013年の春からアルバイトのアシスタントコーディネーターとしてスタートしました。

当時、希望していたFiore Biancaつくば店ではコーディネーター採用の募集をしていなかったためです。コーディネーターのお姉さんたちが花嫁担当を持ち、日々輝いている姿を見ていると、自分自身もお客様の人生を彩りたい気持ちを諦めきれず、正社員登用試験に挑戦し、2014年の春よりコーディネーターデビューいたしました。

その後、Authentique広尾、クレアージュドレスサロンの異動を経て、現在はザ・ニューホテル熊本ドレスサロンにてコーディネーターをしております。

そんな私がDress the Lifeへ入社をしたいと強く思った一番の応募の決め手は、当社の行動指針である「EVERY」に魅力を感じたからです。

EVERYはお客様の人生を彩るために、すべてのスタッフの日々の業務と密接に関わっております。スタッフ同士でのコミュニケーションやロープレ、商品への想いなどが、EVERYのひとつひとつに溢れており、それは直接的に用いられることもあれば、伝わりやすく言い換えられることもあります。

私の1番好きなEVERYは「まず、自分から愛してみよう」です。

きっかけは入社当時のショップマネージャーからお客様との信頼関係を築くうえで、自己開示が足りていないとアドバイスを受けたことがあります。このEVERYには、愛され待ちをしてはいけない、という意味が込められており自らお客様を思うことを心がけるようになりました。

限られたお打ち合わせ時間の中で、お客様の信頼を得て距離を縮められることは、一生に一度の花嫁衣装をお任せいただくために、重要なプロセスです。何気ない日常のことや趣味の会話を増やせるように意識したり、ドレスや結婚式の内容をお話しする際も、私の想いもしっかりと伝え、プロのコーディネーターとしてお客様を導けるように心がけています。

また、店頭に並んでいる商品の魅力を全て把握することも重要です。お客様の理想の花嫁像に沿うドレスを素早くご提案するために、ブランドや素材、どのような結婚式のテーマやパーティーイメージをお持ちの方にお勧めのドレスなのか、それぞれのお客様に合わせて伝えられるように備えています。

これまでの5年間、私を成長させてくれて、自分に自信を持てたのは「EVERY」です。すべてがEVERYに紐付いており、納得し、共感できる理由になります。

そしてこれからも、EVERYが私自身や仲間を支える柱になることを信じています。

その他のEVERYもひとつひとつを大事にしております。当社のホームページに7つのEVERYをご紹介しておりますので、皆様にもご覧いただければ嬉しいです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

BACK TO INDEX