RECRUIT BLOG

2022.09.11

入社して気づいたコーディネーターの仕事

いつもRECRUITING BLORをご覧いただき、ありがとうございます。
Fiore Bianca京都店にてドレスコーディネーターをしております、岩田と申します。(写真右です)
いつもブログを読んでくださっている皆様は、きっとウェディング業界に興味を持っていらっしゃる方がほとんどかと思います。

ドレスコーディネーター一本で夢を追いかけている方もいらっしゃれば、プランナーも視野に入れている方もいらっしゃると思います。
私は就職活動を始めてすぐ、ドレスコーディネーターという職業に出会い、ドレスコーディネーターになることを夢に頑張っていました。

就職活動中はもちろん入社して、ドレスコーディネーターとしてデビューするまで、ドレスコーディネーターは「ドレス選びのお手伝いをする人」という認識でした。
お客様がイメージされているドレス、お客様にお似合いになりそうなドレス、パーティーイメージに合うドレスをご紹介することが私の仕事、と思っておりました。
もちろんそれも間違いではないですし、私たちドレスコーディネーターの基礎になる部分だと思っております。

しかし、入社して3年目にもなり、これまでたくさんのお客様の担当をさせていただき、何度もお打ち合わせでお会いして、お話を重ねながら気づいたことがあります。

それは、「私たちコーディネーターはただドレスをご紹介するだけの人ではないんだ」ということです。

ほとんどの新郎新婦様が結婚式を挙げることを決められて、挙式会場が決まって一番最初にお打ち合わせがスタートするのが衣装選びだと思います。

そんなおふたりとお打ち合わせをしていると、衣装以外のご相談もたくさん頂きます。
「このドレスだったらヘアスタイルはどんなのがいい合いますかね?」
「ナイトウェディングなんですけど装花はどんなのが可愛いと思いますか?」
「ウェルカムスペースの飾り付け悩んでて…」
など、内容も様々です。

衣装以外のご相談も多いため、できるだけ新婦様にイメージを膨らませていただけるように私も新婦様の立場に立ってインスタグラムなどのSNSでトレンドのヘアスタイルやブーケなどをリサーチすることを習慣にしております。

その中でかわいいなと思ったヘアスタイルをお客様にしてみると「かわいいです!当日もこんな感じにしたいな~」など、嬉しい反応を頂けることもあります。

こういった小さいことの積み重ねで「おふたりと当日のイメージを一緒に膨らませていくこと」も私たちコーディネーターの大切な仕事だと思います。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

BACK TO INDEX