RECRUIT BLOG

2022.09.09

学生時代にしておいてよかった事

リクルートブログをご覧の皆様、こんにちは。

ST.MARGARET dress salon by JUNOにてドレスコーディネーターをしております酒井と申します。
私は中途入社で昨年の9月に入社し今年の1月にコーディネーターとしてデビュー致しました。

今回はコーディネーター1年目の私が感じた学生時代にしておいてよかったことについてお話させていただきます。
1つ目は結婚式場でのアルバイトです。

私は高校時代からブライダル業界に興味があり結婚式場のとしてアルバイトをしておりました。
入社前よりブライダル業界で働いていた事で入社後もギャップを感じることなく働き始めることができました。
また、働いていた事で結婚式の流れが分かりお客様と演出のお話をするときに会話を膨らませる事ができます。
2つ目はお花屋さんに定期的に行くことです。

もともとお花が好きなこともありよくお花屋さんに行き季節のお花などを見ています。
ドレスコーディネーターとして実際にご案内をしていく中でブーケについてもお客様から質問やアドバイスを求められる機会はとても多くあります。

その際に季節のお花やドレスに合うブーケなどがを知っているとお客様にしっかりとアドバイスができお客様から信頼も得られると感じています。
フラワーショップに行った際には必ずショップの方に旬のお花やどんな組み合わせが可愛いかを聞きながら選ぶようにしています。

そうすることでお花の知識が増え、お客様にも幅広くお話をすることができます。
3つ目はSNSや雑誌などを見ることです。

特にインスタグラムなどのSNSは実際に式を挙げる新婦様のリアルな意見や当日のお写真などを見ることができます。
ドレス以外にもトレンドの演出やヘアスタイルなども見ることができます。
雑誌などでは今トレンドのドレスやアクセサリーとのコーディネートなたくさんの知識を学ぶことができます。
以上3点が学生時代にやっておいて良かったと感じたことになります。

2つめ、3つ目は気軽にできる事かと思いますのでぜひ取り組んでみてはいかがでしょうか。
ドレスコーディネーターを目指している皆様の少しの参考になれば幸いです。
最後までご覧頂きありがとうございました。

BACK TO INDEX