RECRUIT BLOG

2022.10.19

就職活動で大切にしていたこと

いつもDress the Lifeのリクルートブログを御覧いただき、ありがとうございます。
Authentique銀座店でドレスコーディネーターをしております、山田栞織と申します。

2021年4月に新卒でDress the Lifeに入社いたしました。
本日は、就職活動で私が大切にしていたことをお話ししたいと思います。

学生時代は服飾系の大学に通っており、デザインから縫製・アパレルビジネスまで学んでいた私は、将来はアパレル系のブランドに就職するんだろうなあと漠然と考えていました。
大学2年生の時にドレスコーディネーターという仕事があることを知りました。

どうしてもドレスコーディネーターになりたくて、ブライダル業界の中でもプランナーではなくドレスコーディネーターに絞って就職活動を行っていました。
しかし、私が就職活動を始める時期はちょうど新型コロナウイルスが流行り始めた頃で、ブライダルの多くの会社が採用人数縮小や採用中止になってしまい、焦ったことを今でも覚えています。
そんな状況の中、私が面接において特に大切にしていたことをお伝えいたします。

◎第一印象
面接は緊張しますが、第一印象で全てが決まると思っていました。
オンライン面接も増えています。
笑顔に違和感はないか?話し方に癖はないか?
緊張しても笑顔だけは忘れずにいようと心がけていました。これは、ドレスコーディネーターとして働く今も心がけていて、大切なことだと思っています。

◎自分の言葉で伝える
志望動機や学生時代頑張ったこと、趣味や将来なりたい姿など、面接で問われる質問はたくさんあります。
もちろん面接前の準備はとても大切ですが、私は台本は作らず、話せるエピソードを箇条書きにしてメモに書いていました。
そうすることで、想定していた質問が来たときも慌てずにエピソードを応用し、自分らしく話せます。

◎自分らしさを伝える
面接官の方にとってその日の面接で1番印象に残るようにしよう!と心がけていました。
Dress the Lifeの面接は常に「あなたらしい服装で」。

いつ今日のコーディネートのポイントを聞かれても答えられるように準備しました。
また、面接官の方の心に残るエピソードを話せるように考えました。
オンラインの面談では、卒業制作で作っていた作品を見ていただいたりもしました。

これから就職活動される皆様、大変なこともあるかと思いますが、自分らしさを大切に頑張ってください。

皆様と一緒に働けることを楽しみにしております。
最後までご覧いただきありがとうございました。

BACK TO INDEX