ページの先頭です

ヘッダーの始まりです

メニューの始まりです


本文の始まりです

RECRUITING BLOGリクルートブログ

休日のインプット

 – コールセンター

みなさま、こんにちは。
いつもリクルートブログをご覧いただきありがとうございます。
コールセンターの坂森と申します。(写真左)

2022年5月からスタートしたコールセンターへ配属となり、先に準備を進めて頂いて、土台が整った状態で加入しました。0から作り上げてくれたメンバーへ、本当に感謝しております。

コールセンターは、今まで居た店舗でしていたような衣裳のお打合せなどの接客ではなくなりました。実際に衣裳をお見せしながらのご説明をすることはありませんが、お電話口でブランドやドレスのディティールなど、詳細をご説明することもあるため、もちろん店舗のスタッフ同等の商品知識が必要になってきます。個人的にも繊細なビーディングやどんな生地を使用しているかなど、職人技をじっくりと触れて見るのが好きで、いつも新作が入荷して一番に衣裳を見られることが楽しみで、この仕事の特権の一つだなと感じます。世界中のトップブランドのドレスや伝統ある和装は、やはりとてもクオリティが高く、どのように作られているのだろうと興味津々です。このような知識を身に着けるための勉強は、この仕事にとって大事なことだと思っており、仕事以外でもアンテナを張っていたいところです。

その一環として、先日とても興味を持った美術館での展示があったので、行ってきました。前置きが長くなりましたが、今回は休日の過ごし方ついてのお話を書かせて頂きます。

『ミナ ペルホネン/皆川明 つづく』展。ミナ ペルホネンはファッションからスタートし、インテリアをはじめ多岐の分野に広がっている日本のブランドです。ジャンルは違いますが、生地からオリジナルで作成したり、細部に拘ったものづくりをしているブランドで、ドレスや着物に通ずるものを感じます。私は前職で洋服のセレクトショップに勤めており、ミナ ペルホネンも取り扱いをしていたブランドだったので、毎シーズン新作の入荷を待ち望んでいたのを覚えています。今回の展覧会では、これまでの作品やデザインの原画、創作現場の風景などブランドの背景を知れる盛りだくさんの内容でした。

まず会場の入口に着くと、目に飛び込んで来たのは、これまでの作品のテキスタイルがブロック状に壁一面に敷き詰められた圧巻の光景で、写真撮影OKとのことで、会場のお客さんは皆たくさん撮影していました。懐かしい柄もたくさんあり、あの柄好きだななど、入場直後から既に心の中では大興奮しておりました。一つ一つ間近で見ると、刺繍や立体感のある織柄、このブランドならではの配色など、どれも手の込んだものばかりで独自の世界観を創り出している素晴らしいブランドだなと思います。
現職のドレスや着物においても同じで、素晴らしい衣裳は、こだわりの詰まった職人技が光った作品ばかりです。その背景を知り、なぜこのような高級感があるのか自信を持ってお客様へしっかり価値をお伝えしたいと日々考えております。この日は、学びもあり自分のテンションも上げられる良い休日を過ごせました。他のメンバーからもそれぞれの趣味や得意分野に沿った知識から学ぶこともあり、仕事以外の話を聞くのも楽しい時間です。最近あまりできていなかったと感じますが、これからもまた色々なものにアンテナを張って知識を増やしていきたいと思います。

本文の終わりです


新卒・中途・アルバイト採用受付中

募集要項、エントリー方法は下記ページよりご確認ください。

アルバイト採用


CORPORATE SITE

pagetop