RECRUIT BLOG

2022.04.25

アトリエの魅力

いつもリクルートブログをご覧いただきありがとうございます。SOアトリエの梅田と申します。今回はアトリエのお仕事についてご紹介します。私が所属しているSO(スタイルオフィス)には各グループのバイヤー、PRがおり、アトリエメンバーとしては6名おります。

アトリエのお仕事の一番の魅力はやはり、〘新作のドレスを一番に目にすることができる〙ではないでしょうか。
毎年4月と10月にニューヨークでブライダルファッションウィークが開催されるのですが、そこで様々なブランドが発表するコレクションから、各グループのバイヤー達が日本の花嫁様に届けたいドレスを選び、買い付けを行います。
こうして買い付けされたドレスは約半年後にアトリエに届きます。

現地で様々な修正の指示をしているので、修正後のドレスを目にするのはバイヤーよりもアトリエの方が早いのです!
なんとも贅沢ですよね!

新作のドレスの到着はとてもわくわくするので一旦手をとめ、「どうする?見てみる?」「気になるよね!」といった会話が繰り広げられます。

箱を開けた瞬間に見える繊細なレース、立体的なフラワーモチーフ、煌めくビジュー、カラフルなテキスタイルに目を奪われます。ブランドによっては可愛いリボンでラッピングされていたり、いい香りがしたり、とてもこだわりを感じます。
しかし、ドレスにうっとりした後は厳しい目で検品をしていきます。

正しいサイズが届いているか、指示した通りの修正がされているか、汚れや傷がないか、様々なポイントを確認していきます。

もし不備があった場合は報告し、アトリエで対応出来る内容なのか、ブランド側に修理を依頼するのか、やりとりを行います。

問題がなければ店舗に納品するための準備を進めていきます。
とは言え、そのまますぐに店頭に並ぶわけではありません。

見た目の美しさを保ちつつ、ドレスが丈夫になるように補強をしたり、着やすさ、取り扱いやすくなるような工夫をしていきます。

「この部分、このままだと生地に負担がかかって危ないかも、、」
「このレース、ファスナーに巻き込みそうだね」

今後どんな事が起こりそうか、イメージを膨らませながら考えます。

以前のブログでも仕事への思いを綴ったのですが、こだわることを大事にしています。

しかしスピードも求められるため、アトリエスタッフ全体の技術を上げて、こだわりつつもスピード感のあるお仕事が出来るようにこれからも取り組んでいきます!

アトリエのお仕事に興味を持っていただけると嬉しいです。
皆様のご応募、お待ちしております。

BACK TO INDEX