RECRUIT BLOG

2021.12.06

コロナ禍での就職活動

リクルートブログをご覧いただきありがとうございます。
Fiore Bianca水戸店にてドレスコーディネーターをしております森島 奈緒と申します。(写真右)

今回は、私が経験したコロナ禍での就職活動からデビューについてお話させていただきます。

私は、ブライダル業界で働きたいという夢を持ち、ブライダル学科のある専門学校へ進学致しました。
在学中の就職活動とコロナ禍が重なり、新卒採用を得ることができないまま卒業となりましたが、夢を諦めきれず、卒業後も他の仕事をしながらブライダル業界への就職活動を進めてまいりました。
・そこの会社に勤めて自分がやりたい仕事ができるのか
・そこの会社に自らが好きだと思える商品があるのか
就職活動を行う上で、この二つの軸を大切にしてきました。
卒業後も色々な企業を見ていく中で、Dress the Lifeに出会い、
・自分がやりたい仕事ができる
・自らが好きだなと思える商品がある
・会社の行動指針に魅力を感じた
これらが動機となり、応募しました。

書類審査が通り、オンライン面接だけでなく、対面での面接も行って下さいました。
面接の回数を重ね、多くの方とお話しする機会を作ってくださり、私自身も会社のことや温度感を知ることが出来ました。
なにより、社員の皆様も私のことをしっかり見極めてくださっているのだろうと感じ、ここで働きたいという思いが面接の回数を重ねるごとに強くなったのを今でも覚えています。
面接を重ね、無事に採用の連絡をいただき、夢のドレスコーディネーターへのスタートラインに立つことが出来ました。

入社後は、毎日が新しい事との出会いです。
Dress the Lifeには、入社後コーディネーターデビューをするまで、OJTトレーナーが付き、二人三脚で一人前になるまでサポートをしてくださる、お姉さん制度というものがあり、ほぼ新卒入社と同じキャリアの私は、社会人マナーなども一から教わっています。
毎日忙しい接客の合間を縫って接客の練習に付き合ってもらい、入社から約3か月後にドレスコーディネーターとしてデビューすることが出来ました。
段階を踏み、最後の接客テストに合格した時には、お姉さんも一緒に泣いて喜んでくださったのを今でも覚えています。

コーディネーターデビューをしてからも、毎日が新しいこととの出会いで、まだまだ分からない事だらけですが、そんな時もお姉さんが助けて下さいます。
右も左もわからない状態で入社した私を、店舗の方だけでなく、本社の方も一緒になって育ててくださるとても暖かい会社です。
軸を曲げず、夢を持ち続け、Dress the Lifeに出会い、毎日が充実しています。
まだまだ新米コーディネーターではありますが、お客様一組一組にとってベストな接客をご提供できるよう、日々問い続けていこうと思います。
皆様も、コーディネーター一人一人と向き合い、夢を応援し続けてくれる素敵な会社、社員の皆様、商品に囲まれ、自分自身も成長しながら多くの方の幸せのお手伝いをしませんか?
最後までご覧いただきありがとうございました!

BACK TO INDEX