ページの先頭です

ヘッダーの始まりです

メニューの始まりです


本文の始まりです

RECRUITING BLOGリクルートブログ

私が大切にしているEVERY

 – ドレスコーディネーター

いつもリクルートブログをご覧いただき、ありがとうございます。
宇都宮店・小山店でドレスコーディネーターをしております、里菜々美(さと ななみ)と申します。(写真右 ) Dress the Lifeには社員の行動指針を表すEVERYがあります。
本日は、7つあるEVERYのうち特に私の好きなEVERYについてお話させて頂きます。

■喜怒哀楽を、わかち合う
このEVERYには、私たちひとりひとりは、どんなことにも打ち勝てるほど強い人間ではありません。しかし、本音で向き合ってお互いの成功も失敗もわかち合えば、そのチームは血の通った強い組織になっていくという意味が込められています。 入社2年目。沢山のお客様、そして宇都宮店のメンバーとかかわってきてこのEVERYが一番身に染みて大切なことなんだなと感じました。

コロナ禍での結婚式をすることについて、今日本中の結婚式を控えている方々やこれからと考えている方々、そして私たちも不安な気持ちを抱えていると思います。そんな中でも、人数を変更し家族婚にしたり、二人だけのフォトにしたり様々な工夫をこらしてきて、コロナ禍で結婚式を行ったご新郎ご新婦様は、「本当に楽しかった。日程変更をしたり、延期をしたことにより喧嘩をしたりしたこともあったけど、こうやって結婚式を挙げることがよかった。」と言ってくださります。
中には元々の結婚式の日程から2年ほど経ってからの方もいて、「やっと結婚式ができます。長い間お世話になりました。」と名残惜しくも嬉しい気持ちにもなります。 挙式本番こそは直接見ることはできないけれども、毎打ち合せ時にお二人のことを近くで見ているからこそわたしたちもその言葉を聞いてお二人と一緒に嬉しい気持ちになります。

また、この未曾有の事態でもここまで頑張って乗り越えられてきたのは、宇都宮店の皆がいたからことだと思っています。
宇都宮店のスタッフは、私の好きなEVERYEVERYの中の【すべてのお客様は、自分のお客様】がピッタリの店舗です。接客のことでどのドレスを提案したらいいのか、こういう場合はどうしたらいいのかなど、分からないことがあると皆作業している手を止めて一緒に考えてくれたり、誰かが落ち込んでいたり悲しんでいたりすると元気づけようとどこかに遊びに誘ってみたり、思いやりの気持ちが溢れ出ているそんなメンバーにいつも助けられています。 日常の中だと気づけなかったこともこんな状況だからこそ気づけた部分もあって、私はこのEVERYがもっと好きな言葉になりました。

 皆様にも、喜怒哀楽をわかち合って嬉しい時悲しい時、支えてくれる言葉がありますか?

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

本文の終わりです


新卒・中途・アルバイト採用受付中

募集要項、エントリー方法は下記ページよりご確認ください。

アルバイト採用


CORPORATE SITE

pagetop