RECRUIT BLOG

2022.02.02

取引先からの嬉しいお言葉

みなさん、こんにちは。営業本部の中熊弥生と申します。私は、今主に福岡エリアと関西エリアの担当をしております。営業をしていると、本当にたくさんご縁があり、営業していなかったら知らなかったことがたくさんあります。今回はみなさんとの出会いの中で、私が営業担当として、一番うれしいお言葉を頂いたときのお話をさせて頂きます!それは、「JUNOさんのスタッフのみんなは、いつも対応が丁寧ですよね」と言われたときでした。もちろん私としては、一番の商品である、ドレスや和装がかわいい!や綺麗でした!など、お声いただくことも本当に嬉しいのですが、対応に対してお褒めの言葉をいただけるとなると、別格です。日々の取引先との対応は、カタチとして表すのが難しいですし、かなか自分たちでも実感しない出来事です。ちなみに、この時に褒めていただいた内容はというと、来店ご予約がいっぱいだったところに、どうしてもJUNOをこの日に見たいと仰っているからどうにかならないか?という問い合わせだったようで、その際にスタッフは、ショップマネージャーに状況を話し、なんとか1時間だけ時間を作り出して、お客様へ対応できる時間を設けたとのことでした。取引先の方、曰く、お客様は一時間だけでも嬉しいです!と仰ったようで、皆様にとても喜んでいただきました。さりげない対応でここまで喜んでいただけて私達も嬉しい気持ちになりました。そこで、私は改めて、自分の営業を振り返りました。もちろん営業の武器として、商品、ブランドとたくさんあるのですが、一番は「ヒト」なのかなと感じました。ドレス、商品すべてが素晴らしくても、働いているヒトが配慮が欠けていたり、すると、なんだか残念に感じてしまいますよね。せっかくの結婚式という特別な日のためにご来店頂いておりますので、お衣装合わせに関わる時間を私達もお客様と一緒の気持ちで有りたいと心から思ってます。みなさんがご存知の通りドレスショップは、日本中たくさんあります。私は、その中でも、一番お客様想いで、取引先様想いなドレスショップで有りたいと心から思いました。この出来事を通して、私は新たな気持で営業できますし、スタッフにもこの出来事を伝えたときは、とっても喜んでくれてました。なかなか、私もみんなに感謝を伝えきれてないこともあると思いますが、取引先様からの一言でこんなに気持ちよくなると思うと、これからは、全ての取引様から、商品だけでなく、カタチにない「ヒト」を見てもらえるようにこれからもがんばります。最後まで読んでいただきありがとうございました。

BACK TO INDEX