RECRUIT BLOG

2021.09.03

EVERYについて

リクルートブログをご覧の皆様、こんにちは。Fiore Bianca京都店にてドレスコーディネーターをしております柏野と申します。本日は弊社の行動指針“EVERY”についてお話させていただきます。
・それは本当にベストなのかと問い続ける
・全てのお客様は自分のお客様
・自分が一番の商品だと考える
・喜怒哀楽を分かち合う
・辛いときこそ楽しもう
・ちゃんと理解して自分の言葉で話す
・まず自分から愛してみよう
この7つの行動指針を弊社ではEVERYと呼んでいます。入社当時はそこまで言葉の意味や重要性を理解できていなかったのですが、入社後、日々お客様のご案内をする中で、この行動指針の重要性、大切さをとても感じています。

新郎新婦様にとって、結婚式は一生に一度の晴れ舞台。失敗が許されないからこそ、それぞれの新郎新婦様にとっての最善は何なのかと問い続けることが大切です。
結婚式はされず、和装でのお写真撮りをされる新郎新婦様を担当させて頂いたことがありました。新婦様はそれはそれは容姿端麗な方で、初めてお会いした日、とても圧倒されたことを覚えています。ご家族の皆様もお写真撮りを楽しみにされており、一緒にご来店されておりました。

お客様のイメージは古典的な雰囲気。髪型も文金高島田にしたいとお伺いしました。初回ご来店時はお客様にとってご満足のいくご提案が出来ておらず、その後何度かメールやお電話でイメージをすり合わせ。ご提案の後に再来店して下さることになり、お衣裳もとても気に入っていただきました。

前撮り後、お写真とともにいただいたお手紙には「こちらのイメージに合う打掛を何度も探して下さったおかげで、納得のいく衣裳選びができました。凄く気に入る白無垢、打掛に出会え、一生心に残る写真が撮れました。」と感謝のお言葉。
EVERYを通して、お客様のご案内を通して、たくさんのことに気付かされました。お客様にとっての最善は何なのか、お客様の気持ちになって考えること。
お客様が求めていることは何なのかを一番に理解すること、お客様の理想とするイメージを一緒に想像できるように自分の中に落とし込み、理解して自分の言葉で話すこと。自分が一番の商品と考え、所作や振る舞いにも気をつけること。今後もそれぞれのお客様に合ったご案内で、当たり前のことがきちんとできる、寄り添える接客ができるよう精進していきたいと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

BACK TO INDEX