RECRUIT BLOG

2018.07.30

バリ店の1日を紹介します

皆様こんにちは。
Authentiqueバリ店の塩入 友貴と申します。

THE TREAT DRESSING長野店にて約2年間のコーディネーター経験を経てバリへと異動してきました。

本日はバリ店で過ごす私のとある1日をご紹介いたします。
日本でコーディネーターとしてお二人の準備を共に過ごしてゆくのとは違い、バリではアテンド(衣裳介添え)としてご結婚式当日を無事に結ぶことが私たちの主な役目です。
 結婚式当日。私たちの仕事はブライズルームのセッティングから始まります。
お二人をお迎えした後、1日を通して最も近くに居るのが私たちです。新郎新婦のお二人が慣れない空間で不安を感じずに楽しんでいただけるよう心掛けています。 
お支度が終わり、リハーサルを終え、いよいよ出発。
ここからはカメラマンが一緒に同行し、お二人の姿を撮影していきます。一生残る大切な写真。衣装の細かなところに気を配りながら、カメラマンさんの指示を伝えてポージングを整え、笑顔を引き出すような言葉をかけて進めてゆきます。

セレモニーを終えた後も、会場内での撮影・ビーチでの撮影・・・とすべてに同行します。 大切な1日を共に過ごし、お見送りのご挨拶まで。これが私の1日です。

 バリの炎天下の中でのお仕事。
結婚式当日というやり直しのきかない仕事。
現地スタッフとのコミュニケーション。

決して楽ではなく、初めは戸惑いばかりでした。ですがお客様の幸せな瞬間を共有し、感謝の言葉を頂いた時にはこの仕事をやっていて本当によかった と心から感じます。

「海外の挙式で不安でしたが、塩入さんに当日居てもらえて素敵な1日になりました!」

その言葉が私にとって何よりもの励みになります。「人生を彩る」という根底の想いはどこにいても変わりません。

もちろんコーディネーターとして日々、衣裳のご案内もしています!こちらもまた日本のご案内とは違った魅力がありますのでいずれご紹介させてください。 

 ここまで読んでいただきありがとうございました。皆様にお会いできることを楽しみにしております。

BACK TO INDEX