ページの先頭です

ヘッダーの始まりです

メニューの始まりです


本文の始まりです

RECRUITING BLOGリクルートブログ

業務でわからないことがあったときの解決法

 – ITBS

リクルートブログをご覧の皆様こんにちは。
ITビジネスソリューション所属の山田と申します。

今回は私の【業務でわからないことがあったときの解決法】についてお話したいと思います。
最初に簡単な自己紹介をさせていただくと、私はDress the Life(渕上ファインズ)に入社して9ヶ月になります。
職種はIT関係の業務を行っていますが、前職は営業系の仕事をしていましたのでIT系の業務は未経験です。情報通信の大学やプログラミングスクールに通っていてIT系に興味があり、IT系の業務に携われるDress the Lifeに転職をいたしました。
未経験ということでわからないことの方が多く、日々勉強の毎日を送っています。
ここから本題に入りますが、わからないことが多い中で自分が大事にしている【業務でわからないことがあったときの解決法】があるのでご紹介したいと思います。

その解決方法は
①考える
②調べる
③聞く
です。

とてもシンプルで今ご覧になっている方からすると当たり前のことかもしれません。でも、中にはわからないことがあったら人に聞くということをすぐにしてしまう方もいるのではないでしょうか?
上の3つについてこれから詳しく説明していきます。

まず【①考える】ですが、わからないことがあったときにまずは何がわからないのかを整理します。わからないことを明確化でき、解決に導いてくれます。
次に【②調べる】です。
考えてもわからないことってありますよね?
先程の考えるという工程でわからないことが明確化されていると思いますので、そのわからないことをインターネットで調べます。インターネット上にはたくさんの情報がありますので、自分にあった記事を探し解決に導きます。
最後に【③聞く】です。
①、②で解決ができなかったときは上司に聞くようにしています。①、②のステップを踏むことにより、その問題以外の周りの部分も調べたり考えたりしているので、より理解を深めることができます。また、考えたことというのは記憶に残りますので、考えることが大事だと思います。そして、わからないことを人にアウトプットするということも理解を深めるポイントだと思います。
※①、②に時間がかかり過ぎる場合は、上司や先輩に聞くというステップに移っていいと思います。
以上が私の【業務でわからないことがあったときの解決法】です。いかがでしょうか?

コロナ禍においての就職活動は大変だと思いますが、今だからできること、工夫できることを考えて自分をアピールしていってほしいと思います。是非、機会がありましたら一緒に働きましょう!
最後までリクルートブログをお読みいただき、ありがとうございました。

本文の終わりです


新卒・中途・アルバイト採用受付中

募集要項、エントリー方法は下記ページよりご確認ください。

アルバイト採用


CORPORATE SITE

pagetop