RECRUIT BLOG

2021.01.25

見惚れる。。。

リクルートblogを見ていただきましてありがとうございます。
今回のblogは事業本部の奈良が担当させていただきます。

今日は、私が入社した時の上司である、マネージャーのお話をさせていただきます。入社してしばらくは、接客の事を学ぶ時間以外は、ひたすらお片付けをしていました。
試着が終わったドレス、アクセサリー、タキシード等々を定位置に戻す事は
次にご来店されるお客様の為の大事なお仕事です。時期的なこともあったのですが、その頃、お振袖を見に来て下さるお客様が多く
私は、ひたすら、お振袖を畳んでいました。
ですが、そのお振袖を畳む時間が大好きでした。
何故かというと、お振袖の接客は、マネージャーが
されることが多かったからです。マネージャーは初めてお会いするお客様であるにも関わらず、瞬時にお客様に
お似合いになるお振袖を選びだし、短い時間で、とても綺麗にお着付けをされていました。殆どのお客様は提案した3着の中から決定されていましたし、中には、1着しか
お召しにならないで、これにします!とおっしゃる方もいらっしゃいました。

私は、お着物を畳みながら、横目で、接客されているのを見ていましたが
時に、着付けの早さと綺麗さに見惚れて、手が止まってしまうほどでした。

それと、マネージャーはいつも、どんな時も、感情に左右されず、常に同じ温度感で
部下に対応してくれていました。

クレームを起こしてしまった部下に対して、怒りを前面に出すことはなく
穏やかに、切々と語って下さるので、逆に、二度と同じ間違いを起こしてはいけない
という気持ちになりました。

私もいつか、マネージャーのように、的確に提案し
綺麗にお着付けし、お客様に感動してもらいたい!
どんな時も感情に左右されることなく、メンバーに対応したい
その思いを強くしていました。その事は、入社してからずっと心の中に持ち続けています。
最初の上司との出会いが私の人生に大きな影響を与えてくれた事を
感謝すると共に、私もそのような上司になりたいと思い続けています。最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

 

 

 

BACK TO INDEX