RECRUIT BLOG

2020.11.11

私の就職活動について

リクルートブログをご覧頂きありがとうございます。
JUNO恵比寿店にてドレスコーディネーターをしております小ヶ内と申します。(写真右下)今回は私が入社して1年がたち、Dress the Lifeを志望した理由、面接を受けた際に感じた事、面接を受ける際に行った対策についてお伝えしたいと思います。

まず、Dress the Lifeを志望した理由はたくさんありますが、その中でも1番強く魅力を感じた点は「商品」です。
バイヤーの方がこだわり抜いて買付けをしたドレス、ドレスだけではなくオリジナルのお靴やインポートのアクセサリー、そして空間。全てが私にとって憧れで理想そのものでした。

その中で働きたいと強く思い、私の就職活動がスタートしました。選考は今と多少違うところもあるかと思いますが私が受けた際は、①書類面接 ②グループディスカッション ③人事面接 ④プレゼン ⑤人事面接 ⑥社長面接 の順でした。
11問の面接ではなく、リラックスをして人事の方と会話を楽しむような面接でときには笑いもあり、緊張はしましたが楽しい時間を過ごすことが出来ました。実際に選考を通して感じた事は本当の素の自分をみてくれていると感じました。

次に私が就活中対策として行ったことを紹介致します。
まずはリクルートブログを読み選考の情報を知る事。私は選考の情報が書いてある内容だけではなく会社の制度や休暇の過ごし方など全てのブログを読みました。
読んだことにより選考の内容はもちろんの事、会社の制度やお仕事の内容などより詳しく社員の言葉で知ることが出来たため、Dress the Lifeで働いている将来を明確に想像することが出来ました。次にDress the Lifeのドレスが載っている雑誌を買い、スクラップブックを作りました。
私は趣味の1つとして行っていたので実際にここまでする必要はないかと思いますが、ブランドの知識やドレスのコーディネートを学ぶことが出来ました。
入社するまでにDress the Lifeのブランドやブランドの特徴、デザインを把握することが出来たため、ドレスをみてこういう花嫁様に似合いそうだなとイメージする事が得意になり、今、花嫁様へドレスやアクセサリーをご提案する際に活きていると感じます。

人事面接の際には実際にJUNOのドレスと雑誌から切抜きをしたアクセサリーとシューズをあわせ5つほどコーディネートを組み、コーディネートに合う花嫁様の特徴をまとめ人事の方に見て頂きました。とても緊張したのですが、人事の方から「最終面接でぜひ社長にも見せて下さい」と温かいお言葉をかけて頂き自信になりました。

今でも採用して頂けたことがとても嬉しいですし、最終面接で社長から「採用」のお言葉を頂けたとき涙が出るほど嬉しくこれからもっと頑張ろうと強く感じた気持ちが働くモチベーションになっています。恵比寿店に配属が決まり1年がたちましたが今でもJUNOが大好きという気持ちは変わりません。採用して頂いた感謝の気持ちを忘れずこれからもJUNOのドレスを選んで下さった花嫁様の人生を彩っていきたいです。最後まで読んで頂きありがとうございました。

一緒に働くことが出来る日を楽しみにしております。

 

BACK TO INDEX