RECRUIT BLOG

2020.12.23

私と私のマネージャー

リクルートブログをご覧の皆さまこんにちは。
HR(人事部)の恵良と申します。(写真右)
本日は私と私のマネージャーについてお話させていただこうと思います。

私は現在人事部の中でも採用・教育チームに所属しております。
チームメンバーは3名ととっても少人数ですが、会社の未来を作っていく大切なお仕事に携わらせていただいているなと感じながら日々働いております。

そしてそんなチームをまとめる現在のマネージャーは、
2月まで私がドレスコーディネーターとして在籍していたJUNOシーホーク店でも、
ショップマネージャーという立場で一緒にお仕事をしていた大先輩なのです!
私が入社したてで、ショップもブランドも違う1年目の頃から縁あってお世話になっていたり
2019年の1月にショップマネージャーとしてJUNOシーホーク店に異動してこられてからは
実際に同じお店でマネージャーとコーディネーターという立場で一緒にお仕事できるようになり
そして今年の春からは二人で人事部の同じ採用・教育チームに異動になったという・・・

私のDress the Life生活を語る上で欠かすことのできない、そんな存在です!

ショップ時代は確かな経験と知識、心の広い優しさと、愛のある厳しさ、壁を感じさせないユーモアで
私たちコーディネーターを引っ張っていってくれました。
そんな背中を見ていると「私もマネージャーの為にもっと頑張りたい!支えられる人でありたい!」という気持ちがごくごく自然に湧いていました。

どうやったらみんなの数字がもっと伸びるだろう、どうやったら効率よく働きやすくなるだろう、どうやったらもっといいお店になっていくだろう・・・
二人で話しているうちにあっという間に時間が過ぎている!なんてことがよくありました。
そして、採用・教育という全く別のフィールドで、また共にチームになることができためぐり合わせに喜びながら動き始めていたころ
コロナウイルスという想像もしていなかった壁に、私たちが描いていた採用や教育ができなくなってしまった現実がありました。

悔しさやもどかしさを感じながら、手探りで「今の時代」に合わせた方法を沢山沢山、試行錯誤しながら取り組みました。
新卒採用で初めてのオンライン面接、オンライン説明会動画の作成、新入社員のCSチェックのオンライン化、着装試験のオンライン化、オンライン内定式の実施・・・

これまでの経験も活かしながら、時代や状況に合わせて何がベストかをいくつも考えて
最近は特に教育面についてマネージャーと話すことが増えました。
対面が当たり前だった部分をオンラインに切り替えたとしても、Dress the Lifeクオリティを保った教育をショップメンバーに提供するにはどうしたらいいか、新入社員の成長には今何が必要か・・・
人事部としては新米のマネージャーと私ですが、こうした変革が必要な時にその道をともに歩んでいけるのが今のマネージャーで本当によかったなといつも思っています!
「私たちは運命共同体だね」最近の私たちの口癖です(笑)
不安ももちろんありますが、タラレバを愚痴って諦めたり、変化を恐れて行動しなかったりすることは未来に繋がりません。
DtLがこれから先、より強く美しく成長していけるには何ができるのかを考え、行動することが私たちのチームの役割だと思っているので、チームワークを活かして頑張り続けます!

最後までお読みいただきありがとうございました。

BACK TO INDEX