RECRUIT BLOG

2020.07.12

リモートで「接客練習」しました!

リクルートブログを御覧の皆さまこんにちは
BPM(
ビジネスプロセスマネジメント)の松下と申します。

今回はリモートで「接客練習」を行った時の様子をご紹介いたします。
コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、Dress the Lifeも全国各地の動きに合わせながら休業処置・時短勤務の対応をしています。私が勤務する福岡本社も不要不急の外出を避け、リモート対応に切り替えて自宅で業務するようになりました。
自宅での業務の様子
は弊社のブログでもアップされていますので、こちらもぜひ御覧ください。共感して読みながら頷いてしまいました。

さて、営業している店舗では社員が最小限の人数で必要な業務を進めています。
現在ご結婚式の日程を再検討されるお客様もいらっしゃり、例年に比べご結婚式の件数は少なくなります。ご結婚式の準備作業が落ち着いている今、お客様のご来店が通常時に戻った際によりよいおもてなしができるよう、「接客練習」に時間を充てている店舗もあります。

前置きが長くなりましたが、今回とある店舗の1年生の接客練習依頼を受け、実行しました。本来であれば直接店舗にて行いたい所ですがそれは難しい為、事前準備をしたうえで実行します。

「事前準備」
・練習時間の目安、ネット環境の事前確認、準備物の共有、現在の課題の共有
上記を練習当日までに確認し合います。
当日ネットの回線にトラブルがあると有意義な時間を過ごせない為、接続可否の確認をしていただくこと、頭に入れておきたいことは共有しあうことで、スムーズに当日を迎えられました。
「接客練習」
突然本題に入らず、まずはアイスブレイクをしてお互いに緊張を解します。
1
分程の自己紹介や雑談で話すスピードを掴み、本日のスケジュールと目標を確認しました。
目標は練習を終えた後何を得ていたいか、苦戦していることがあればどんな事を克服したいか、練習する相手にその場で考え、発表してもらいます。
この目標を練習終了時点で達成できているように重点的に練習する箇所を決めました。
画面越しの為、リアクションは意識的に大きくしながら進めます。
1
セット15分程でロープレし、途中、途中で解説やロープレ前とロープレ後の変化をおさらいしていきます。
終了時間が近づいたら、練習前にたてた目標は達成できたか、課題解決ができたかお互いに意見交換し終了しました。
リモートの状態でも想像以上にスムーズに取り組め、率直に今後遠方の店舗でも取り入れてよいのではと感じる練習方法の手段が広がる体験でした。
環境の変化に伴い考え方もまた進化させていくことが求められる今、これまでの常識に囚われない方法を用いることに積極的にチャレンジしていきたいですね。
最後までお読みいただきありがとうございました。

BACK TO INDEX