RECRUIT BLOG

2020.06.23

事業本部のお仕事

皆様、こんにちは。
いつもDress the Lifeのブログをお読みいただきありがとうございます。
事業本部の藤枝江里子です。
今回は、事業本部の仕事内容をお知らせいたします。
事業本部は単(ひとえ)にいうと、Dress the Life内の店舗を統括している部署です。
そして、当社の組織のなかで中心に位置しています。
そのため、店舗運営に必要な人事(HR)、商品(MD)、会計(FA)などの各部署と連携し、必要があれば指示をし、動いてもらうこともあります。逆に店舗に関することについては、判断も求められます。
ただ、一番事業本部にとって重要な仕事は、店舗の運営が円滑に進むように、1店舗1店舗の健康状態を把握し、課題があればショップマネージャーとともに速やかに解決をすることです。
そのために、各店舗のマネージャーとの月1回の面談は重要です。直接店舗に行くときもありますが、行けないときはWebでの面談も実施しています。
そこで出てくる内容を元に、マネージャーの教育を考えたり、コーディネーターとの面談を時には実施したり、商品構成を考え、SO(スタイルオフィス)へ指示をしたりします。
特に、人、商品、数字、売場(店内・バックルーム)、環境(お取引先ホテル・式場)
この5つに絞り込み、面談をしていきますが、やはりいちばん出てくるのは人(スタッフのマネジメントについての悩みや相談)が一番多いです。

私自身がマネジメントをし始めて20年近くになりますが、今でも完璧にできているわけではありません。
そして、正解やゴールもないものだと思っているので、まずは人と人。相手が何を言いたいのか、何を言っているのか、傾聴することを心がけています。
単純に判断を求めてきた場合は、まずはマネージャーの意思を確認するようにしています。私が判断することは過去の経験に基づいて簡単ですが、それをしていると考えなくなってしまいます。せっかく若くて新しい発想や考えをもっているマネージャーならば、それを活かすこと、育てることが私の仕事だと考えています。

そして、事業本部は経営に携わる役員とも密に連携を取る必要があり、月2回月曜日は一日かけて2つのミーティングで、会社方針の進捗や店舗運営での課題などを報告、課題解決をします。実際になにか問題があっても、そこで議題にあげたり、当社はチャットが一つの社内コミュニケーションのツールになっているため、そこで役員とつながることで、月2回のミーティングを待たずとも報告、相談、共有ができ、解決が早いこともあります。
役員と密に繋がることで、会社の方向性などを常に知り、事業本部として店舗への共有、浸透などをどうやっていくかを考え、早く行動に移すこともできます。
店舗のみなさんから見ると忙しそう、大変そう、難しそうなどよく言われますが、会社を動かす実行部隊の先頭に立つことができることは、醍醐味の一つでもあります。
2020年度は、2021年に事業本部にグループマネージャーを置くことを目標に、ショップマネージャーの教育をしますが、年齢や社歴は関係ありません。会社のことを理解して店舗を大切にし、上昇志向がある方ならだれでも目指せる部署です。
キャリアプランの一つとしても良いかと思います。
それでは、最後までお読みいただきましてありがとうございます。

BACK TO INDEX