RECRUIT BLOG

2020.03.17

コーディネーターに期待すること

リクルートブログをご覧いただきありがとうございます。営業管理の池口です。

数ある接客業の中で、ドレスコーディネーターにはどんな人物が向いているのか?
そして、Dress the Lifeのドレスコーディネーターはどんなことを期待されているのか?
そんな興味をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。

どんな仕事もやってみなければわからない事が多いので「このスキルや性質があればOK!」とは言えませんが、参考にしていただきたいことを今回はお伝えします。
突然ですが、私は毎月ネイルサロンに行きます。皆さんもきっと、季節やイベントに合わせてネイルを楽しんでいらっしゃるかと思います。
私の場合はおしゃれというよりメンテナンスで、身だしなみの目的で整えています。
凝ったデザインは不要なので、お気に入りのネイルサロンは「予約が取りやすく上手なスタッフが多い」という実用性重視のサロンに通っています。
希望は早くきれいに仕上げてもらうことなので、接客というよりは良い技術を提供していただいていると感じています。
そのサロンで先日、とても感じよく丁寧なネイリストさんに担当していただきました。施術中に何かと気遣いのお声がけがあり、一つずつの工程にこだわる様子がよくわかりました。とにかく作業が丁寧、何をするにも真剣。その間ににこりと話しかけてくれる。
時間は通常よりは20分オーバーで、途中から私は時間が気になり「そんなに丁寧にしなくても大丈夫ですよ」と心の中で思ったほどです。しかし一生懸命な作業を邪魔するようなことは言いたくなく、彼女に次の予約が入っていないことをただ願って、施術を受けました。
真剣に美しくネイルを仕上げることに没頭する彼女の姿はとても素敵で、私は期待以上のサービスを受けられた嬉しい気持ちと、仕上がりにも満足してお店を出ました。
ドレスショップにいらっしゃるお客様は、どんな時間を過ごせるか、とても期待してご来店くださいます。私がネイルサロンに行く気軽さとは異なり、来店時に少し緊張していらっしゃる方もいます。素敵なドレスと出会う期待感とともに、素晴らしいサービスやおもてなしがあると、楽しみにお越しいただいています。
もともと期待していただいてますので、お客様の期待を上回るご案内をするのは、簡単なことではありません。

その期待に応えるため、Dress the Lifeのドレスコーディネーターに持っていてほしいもの。
私は「お客様に向き合う想い・姿勢」だと考えています。
先日のネイリストさんに期待していませんでしたが、彼女は彼女のできる最大限のサービスを提供してくれたのだろうと、施術を受けただけで私は感じました。彼女がその仕事に真摯に向き合っていることが、自然に伝わってきました。
その姿は、Dress the Lifeのコーディネーターに期待していること、そして今活躍しているDtLの皆が提供しているサービス、そのものでした。

ドレスショップへは期待値があるだけ難しいと想像されるかもしれませんが、受け取るお客様の感じ方は、お客様にご判断をお任せするしかありません。期待があってもなくても、プロフェッショナルとしてやるべきことは同じだと思います。

『目の前にいらっしゃるお客様に、自分の理想とするベストなご案内を全力ですること』

難しいことではなく、そんな一途な想いと実現に向けて取り組む気持ちが、ドレスコーディネーターには必要だと思います。
「そうなりたいと思う気持ち」は、誰かから教えられて身につくものではありません。
仕事を選ぶ上でどんな気持ちを大切にするか、どんな風にお客様に対応したいかは、自ら選べます。
想いがあれば、Dress the Lifeのドレスコーディネーターとして、必ず活躍していただけると思っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

————————————

【Instagram】Dress the Life 公式採用アカウント 毎週更新中!(@dressthelife)
社内の雰囲気や仕事内容について、更新しております。
ぜひご覧くださいませ。

BACK TO INDEX