RECRUIT BLOG

2019.12.14

内定式を迎えるまでに

みなさま、こんにちは!HRの草野理沙と申します。
いつもリクルートブログをご覧いただきましてありがとうございます。 

10月にDress the Lifeでは内定式を行い、新たに26名の仲間を迎え入れることができました。

(当日の様子はこちらの動画をぜひご覧ください!)

 

今回は、この内定式ができるまでの準備の様子をお伝えできればと思っています。

Dress the Lifeの内定式はHRの採用チームを中心に企画/運営しています。
 3~4か月ほど前から準備に取り掛かるのですが、まず行うのが、【内定式のテーマの決定】です。

内定式で何を伝えたいか?どうすればそれが伝わるか?様々な意見を出し合います。

 ミーティングを重ねた結果、今年の内定式のテーマはSTARTERに決定しました。
STARTERは出発の合図をする人、そして何かを動かし始めるものを意味する言葉で、内定者のみなさんにとっても、そしてDress the Lifeにとっても、新しいスタートを踏み出す日にしたい、そんな思いを込めました。

テーマが決まると、内定式の場所の選定をすすめます。
採用チームだけでなく、営業のメンバーなど他部署にもアドバイスをいただきながら、テーマが実現できそうな会場を決定します。
会場が決まると、会場のご担当者様をはじめ、一緒に内定式を作り上げてくださるパートナー様と打ち合わせを重ねていきます。

Dress the Lifeのイベントでは、毎回ドレスコードを設けています。
今回の内定式のドレスコードはホワイト×ベージュ。

STARTERのテーマにあわせて、〈始まり〉をイメージさせる白、〈そのもの、本来の〉を意味するベージュを掛け合わせました。
 

そして内定式の準備の中でも特に思いを込めているのが、内定証書の作成です。
内定式に参加する機会は、ほとんどの方が新卒で入社する会社で一生に一度ではないでしょうか。
そんな大切な日にお渡しする内定証書。

採用活動をとおして知ることができた、内定者ひとりひとりの素晴らしい魅力をDress the Lifeで活かしてほしい。
採用チームからの思いを込めたメッセージを記します。

 

また、今回の内定式の食事会では、内定者ひとりひとり目標を記し、それを発表していただく場を作りました。
実はこのコンテンツ、昨年のRookies(2019年新卒メンバー)から案をいただき、採用チームで形にしました。

このコンテンツのおかげで、内定者のみなさんの決意や思いを、その場にいた全員が知ることができ、これからみんなで応援していきたいと強く感じることができました。

素敵な案を考えてくださり、ありがとうございます。

 

このような準備を経て内定式当日を迎え、無事に実施することができました。

参加してくださった内定者のみなさまはもちろん、一緒に内定式を作ってくださったパートナーのみなさまや、繁忙期の中参加してくださったショップのメンバー、関わってくださったすべての皆さまにこの場で感謝を伝えたいです。 

内定式の様子については、ほかのHRメンバーからも改めてお伝えさせていただきますね。

 最後までご覧いただき、ありがとうございました。

BACK TO INDEX