RECRUIT BLOG

2019.12.29

会社の情報を伝えるメディアいろいろ

皆さま、こんにちは。
渕上ファインズ取締役の西村正樹です。

Dress the Lifeの採用ブログをいつも見ていただき本当にありがとうございます。私たちの仕事内容だけでなく、考えていることや感じていることが伝わればいいなと思っています。

今回は、弊社の求人募集をお伝えする様々なメディアについて紹介したいと思います。

店舗の拡大や、新しいチームの立ち上げ、産休や退職での社員の減少など、様々な理由から弊社では一緒にお客様の人生を彩ってくれる方を探しています。

その際に大事なことは、私たちのことを一人でも多くの方に知ってもらうことです。
まずは知っていただかないとご興味も持っていただけませんし、ご興味を持っていただかないとご応募いただけません。
そもそも存在自体を知らない企業には、応募しようと思ってもできませんよね。

なので、私たちは会社のことを知っていただくために、様々なメディア、コミュニケーションツールを使って情報を発信しています。
そこで今回は、求人情報や会社の情報を発信しているチャネルについてご紹介してみようと思います。

採用メディアは大きく分けると、
・オンラインかオフラインか
・マス向けかパーソナル向けか
のマトリクスで考えています。

オンラインとは、ネット上でのコミュニケーションするものを指しています。
この特徴は計測がとてもやりやすいことと、気軽であることかなと思っています。
例えば、このメディアを何人の方が見て、どのページでサイトを閉じたのか、何秒間読んでいただいたかなどを計測することができます。
また、オンラインメディアだと、募集が終わったり内容に修正があったりすると、すぐに修正することができて、見ていただいている方に最新の情報をお伝えすることができます。

オフラインとは、簡単に言うとオンラインでないものです。
特徴としては、ストック型で手元や空間に残りやすいものが多いです。雑誌や新聞、サインボードなどのイメージです。人もこのメディアの一つと考えています。
実際のモノがある場合が多いので、パッと目に入ったり忘れてた頃に思い出しやすかったりします。
また、弊社のことを知ってくださっている方や社員が会社のことを話していただく場合もオフラインです。リファーラルなどと呼ばれたりします。

マス向けは、不特定多数の方向けに情報を発信するものです。
比較的低いコストで多くの方に一気に情報を届けることができます。

パーソナル向けは、特定の方に向けたコミュニケーションです。
効率は悪いですが信頼性は増します。

これらを組み合わせたものに、現在の弊社使っているメディアを乗せてみると以下のようになりました。

こうしてみると、オンライン-マス向けが少し多めですね。
でも、おかげさまでオンラインメディアからは毎月60以上のご応募を頂いています。本当にありがたいことです。

今後はこれらのメディア間でもっと移動していただき、弊社の考え方や採用情報を早く正確にご理解いただけるようにしていきたいと思っています。

この記事を読んでいただいているということは、採用ブログにたどり着いていらっしゃるということだと思います。どのようなきっかけでこのブログをお知りになられたかなど聞いてみたいです。

少しでもご興味を持っていただきましたら嬉しいです。そしてぜひ一度弊社社員とお話してみませんか?ご連絡お待ちしております。

ドレスショップ見学会のご案内
定休日を利用し、どなたでもご参加いただけるドレスショップ見学会を実施しています。
当日はドレスコーディネーター経験者である採用担当が 常駐していますので、仕事内容や選考・面接についてなど、どんなことでもご質問ください!(新卒中途不問です)
26卒向けインターンシップ開催のお知らせ
6~8月の期間、オンラインインターンシップを実施いたします。
ブライダル業界の特徴や営業スタイルについて 知りたい方はまずはこちらにご参加ください。
8月に東京・大阪・福岡で開催する、対面のインターンシップです。
スタイリストの仕事内容をより具体的に体験してみたい方におすすめの内容です。

BACK TO INDEX