RECRUIT BLOG

2019.08.10

色合わせの楽しみ方

いつもリクルートブログをご覧いただきありがとうございます。
Fiore Biancaのバイヤー・PRをしている鹿島です。

皆さん、花嫁和装についてどのようなイメージをお持ちですか?結婚式のお衣装というと洋装(ウエディングドレス・カラードレス)をイメージされる方が大半だと思いますが、実は和装もとても人気があります。
ドレスをアクセサリーでスタイリングするようにお着物は小物で色を足しながらスタイリングしていきます。私たちはお打ち合わせの際によく「色合わせ」という言葉を使ったりもします。花嫁さまの色合わせの参考になるようなBOOKを作る為に、先日お着物の撮影をしましたのでその様子を少しご紹介致します。白無垢に真っ赤な掛下を合わせ凛とした印象に。
自分らしさを出せる色掛下でのスタイリングは近年人気が高まっています。
ブーケは枝ものを混ぜてモダンに。優しいアイボリー地に松の柄が印象的な色打掛。
黒の引振袖を合わせることでメリハリのある色彩に。
小物は落ち着いたトーンでまとめることで品格のある古典的な美しさを。昭和の頃などは、婚礼衣装の代名詞と言われていた黒引振袖。
格式高い黒引振袖に暖色の小物を多数合わせることで華やかなスタイリングに。大胆な大柄が美しいモダンな引振袖。
低い位置でまとめたシニヨンには胡蝶蘭をのせ、赤い帯を主役に小物をスタイリング。
帯に合わせた赤いリップで大人の女性らしさを。

お着物に合わせる小物でコーディネートは無限に生まれます。
職人さんの想いが込められた伝統的な美しいお着物と現代のトレンドを融合させることで私たちは時代を超えたスタイリングを沢山の花嫁さまにお届けしていきます。

BACK TO INDEX