RECRUIT BLOG

2022.08.20

一生の繋がり

リクルートブログをご覧の皆様、こんにちは。
東京DC所属の山本紗有奈と申します。

ブライダルの仕事をはじめて5年になりますがこの長いようであっという間の時間の中で最近改めて感じた【一生の繋がり】についてお話させて頂きます。
ブライダル業界に入りたてのときから『お客様に喜んでいただきたい』と漠然とした目標は常にありましたがそれを超えるような出来事が先日ありました。
2年程前に担当したお客様からの突然のメールでした。

メールを受信したときに、あれ?なんだろう?と思ったのが正直な感想です。

今までの経験上、お子様がお産まれになった報告や新居へ引っ越ししましたなどおめでたいご報告を頂くことはありましたが
なんとメールの内容は『急に山本さんを思い出してメールをしてみました^^』というご連絡。

『あの頃、打ち合わせのときに話していたかき氷屋さんに最近行って、そうだ!ここ山本さんとお話してた場所だって思い出したんです。』と。嬉しいの一言でした。
私にとってはたくさん担当しているお客様のお一人でもお客様にとっては唯一のドレスコーディネーター。
ひとつひとつの何気ない会話を覚えててくださり更には数年経っているのにメールをしてくださるお気持ち。
本当にありがたいなと実感しました。

一生に一度のお手伝いをするということ。
結婚式までのお付き合いで、お式が結ばれたらクリーンになってしまう関係なのではなく一生に一度の大切な日をお手伝いするということは、一生の思い出、繋がりになるということなんだなと体感しました。

私はありがたいことにお客様に恵まれ、私にとっても忘れられないお客様ばかり。

今は異動をしドレスコーディネーターはしていないので、時折お客様からくる『今度式場の近くにいきます!山本さんに会いに行ってもいいですか?』というご希望を叶えられないこととても心苦しいのですが、そんな連絡をくださる関係を築けていたこと、あの頃頑張ってよかったと、心から強く思います。
心が温まる、優しい気持ちになりましたので皆様にお話できたらなと思い綴らせていただきました。
ご覧くださりありがとうございました。

BACK TO INDEX