RECRUIT BLOG

2022.08.04

Dress the Lifeを実感!JUNO TRUNK SHOWレポート

皆様、いつもリクルートブログを御覧いただきましてありがとうございます。
大阪エリアでショップマネージャーをしております西村可奈(写真中央)と申します。

本日は、6月24日ー25日の2日間に行われたJUNO TRUNK SHOWについてご紹介いたします。
TRUNK SHOWとはデザイナーがトランクケースにドレスを詰め込み、世界各国のお客様を訪ねて回ることからネーミングされています。
今回は関西の花嫁様へ向けてJUNOがお届けしたいブランドを厳選し、心を込めてドレスのご紹介をさせて頂きました。

開催場所は、大阪の花嫁様憧れのホテルとしても知られる、コンラッド大阪のペントハウス・スイート。
一歩足を踏み入れると、39階に位置するからこそ感じられる開放感とモダンで最上級の上質な心地良い空間に私達スタッフも背筋が伸びるようです。

特別な空間に、JUNOの世界観を表現するフラワーデコレーションを行い心がときめく空間です。

トランクショーでは、これからドレス選びをスタートされる方を対象に完全ご予約制でご案内させていただきました。
お母様とご一緒にお越しいただいたご新婦様。
実は、このイベントを見つけてくださったのはお母様でした。
福岡の大学に通われていた頃に、JUNOのことを知ってくださり、娘さんが結婚するときには絶対にJUNOのドレスを着せてあげたいと思っていたそうです。
その後、大阪に娘さんが戻っていらしたのでJUNOのドレスを着せてあげるのは難しいかなと思っていたところにJUNOの大阪オープンを知って本当に嬉しかったとお話しくださいました。

お母様がおすすめくださったELIE SAAB Bridal(エリー・サーブ)の1着をお召になられたご新婦様はとても美しく、凛とした表情からもご結婚へ向けての覚悟が感じられました。
それを見つめるお母様の表情も幸せそうで、何度も何度もきれいよ、と声をかけていらっしゃいました。

JUNOが大切にしている”eternal elegance”という言葉があります。
それはこの先もずっと変わることのない美しさです。
自分自身を理解したときに初めて出会える 自信 誇り、喜びに満ちた最愛の姿。

ウェディングドレスには、この先の人生においてきっと糧となる特別な力がある、そう実感することのできた2日間でした。

BACK TO INDEX