RECRUIT BLOG

2022.04.28

ニューヨークブライダルファッションウィーク2023春夏トレンドレポート

リクルートブログをご覧いただき、ありがとうございます。
AuthentiqueSOの松尾と申します。
先日開催されたニューヨークブライダルファッションウィーク2023春夏のトレンドについてご紹介させていただきます。

Trends from the Spring 2023 New York Bridal Fashion Week!
いよいよパンデミックから完全復活を遂げたといわれるNew York Bridal Fashion Week。
Authentiqueのバイヤーも約2年半ぶりとなるバイイングで現地入りしました。
まだまだ予断を許さない状況ですが、明るい未来への期待を感じられる完成度の高いプレゼンテーションから、
2023年春夏ブライダルファッションウィークより5大トレンド要素を厳選してお届けいたします!

1.Puff and Removable Sleeves

1980年代、イギリス王室ダイアナ妃の結婚式でその人気を絶大なものに昇華させた、パフスリーブのウェディングドレス。
昨シーズンに引き続き現代へアップデートされたパフスリーブのディテールが支持されています。
オーガンジーのような軽い素材から少し重厚感のあるミカドの生地まで、様々な素材や大きさ、取り外し可能なデザイン等へと進化を遂げ、クラシカルなデザインから、遊び心が感じられるデザインまで様々なパフスリーブがコレクションの中心として各ブランドを席捲していました。

 

上からReem Acra(リーム・アクラ)・Romona Keveza(ロマナ・ケヴェザ)・Marchesa(マルケーザ)

2.Blue Hues

New Pink!とも評されるほど、今シーズン各ブランドが様々な色合いのブルーのドレスを発表。
ヨーロッパでSomething Blueとして言い伝えられ、古くからウェディングシーンで縁起の良いカラーとされてきた色とりどりのブルーが、今コレクションを華やかに彩っておりました。


上からHermine de paura(ヘルミネ・ド・パウラ)・Romona Keveza(ロマナ・ケヴェザ)・Ines Di Santo(イネス・ディサント)

3.Asymmetrical Necklines

ネックラインはブライダルファッションウィークで毎シーズン注目される要素の一つであります。
今シーズンは特にアシンメトリーなネックラインやワンショルダーのデザインが一際注目を浴びていました。
Authentiqueで人気を誇っているRomona Keveza(ロマナ・ケヴェザ)でもミニマルでありながら、特徴的なデザインを発表しております。洗練されたシンプルシティに個性を加えるアシンメトリーなネックラインから今後も目が離せません!


上からElie Saab(エリー・サーブ)・Romona Keveza(ロマナ・ケヴェザ)・Ines Di Santo(イネス・ディサント)

4.Mini Bow Details

いつの時代も女性の心をくすぐり続けるリボンモチーフ。
今シーズンはそのサイズが小さくなり、よりフェミニンで女性らしいデザインと進化を遂げています。

上からVictor&Rolf(ヴィクター&ロルフ)・Romona Keveza(ロマナ・ケヴェザ)

5.Oversized Floral Motifs

ウェディングドレスには欠かせないフラワーモチーフ。2023年春のコレクションでは、より特大の刺繡や3Dモチーフをデザインすることで、このクラシックなモチーフを作り直す動きが見られました。この伝統的ともいえるフラワーモチーフの美学をより現代的なものへと昇華させたデザインをたくさん見つけることができました。


上からElie Saab(エリー・サーブ)・Victor&Rolf(ヴィクター&ロルフ)・Naeem Kahn(ナイーム・カーン)

気になるエレメントはございましたか。
海外誌のWEB版などでもトレンド情報が掲載されているので、ぜひトレンドに対してのアンテナも高く持ってくださいね。

BACK TO INDEX