ページの先頭です

ヘッダーの始まりです

メニューの始まりです


本文の始まりです

RECRUITING BLOGリクルートブログ

撮影現場で感動したこと

 – マーケティング

いつもリクルートブログをご覧いただきありがとうございます。

入社7年目、Webマーケティング部所属の矢野みなみと申します。(写真右)

本日は、私がWebマーケティングの仕事のひとつ、『撮影』の中で感動した経験を皆さまにご紹介したいなと思います。

私達が運営しているDressesでは、結婚準備に関するさまざまな情報を発信しているのですが、
撮影したデータは主にドレスのコーディネート紹介としてHPやインスタグラムに投稿しています。
この半年間、よりクオリティの高い投稿を求めて月に1回の頻度で撮影を行いました。

撮影を行うまでには、下記のような工程で進めていきます。

①撮影日の設定・スケジュール組み
まずは撮影の候補日を決めて、コーディネート組みや撮影ドレスの依頼などその日までにすることを逆算して
スケジュール組みを行います。また、当日の流れをもおおまかに作成します。

②撮影場所のロケハン
候補の撮影場所へロケハンを行い、どのような設備が整っているか、ヘアメイクの場所の確保、着替え場所から
撮影場所までの導線、当日準備する必要があるものなどを把握します。

③ヘアメイク・カメラマンのスケジュール確保
撮影当日の大まかなスケジュールや場所をお伝えした上で、ご対応いただけるか確認の連絡をします。

④ペルソナ(ターゲット)・撮影テーマの設定
例えば、【25~27歳・仕事も慣れてきて私生活も充実・ファッションやヘアメイクにお金をかける・SNSで情報
収集・結婚に対しては憧れはある】
というように、どのような方々に届けたいかというターゲットを絞って、
細かくペルソナを設定します。
それをもとに、普段可愛らしく見られがちだけど大人っぽい雰囲気に見られたい
花嫁さまにおすすめしたいドレス、低身長の花嫁さまにおすすめしたいドレスなど大枠の撮影テーマを決めて
いきます。

⑤モデルの選定
④で設定した内容を元に、SNSで探したり、キャスティング会社や知人を通してモデルさんのピックアップと選定
を行います。

⑥スタイリング決め・ドレスや装花の依頼
ヘアスタイルやメイク、アクセサリー、ブーケなど撮影テーマやドレスに合わせたスタイリングイメージの作成を
行います。ドレスは各店舗からお借りするため、必要なドレスの依頼も行います。
また、テーマによっては背景に設置する装花やブーケをお花屋さんに依頼します。

⑦香盤表(撮影イメージ)作成
撮影当日の流れやスタイリングイメージを一つにまとめた香盤表を作成します。
撮影に同行するスタッフだけでなく、ヘアメイクさんやカメラマンさんにも事前に共有するものです。

⑧2回目のロケハン
当日の撮影がスムーズに進むようにカメラマンさんとご一緒にロケハンにもう一度行き、撮影イメージと
すり合わせながら撮影する場所を決めていきます。

⑨事前準備(商品ピックアップ・補正)
撮影日の1~3日前に、ドレスが指定の場所に届いているか、必要なものが揃っているか確認を行います。
必要であれば、事前にドレスにお直しを入れます。

状況によっては順番が前後したり、他にも細かい作業はありますが、大まかな流れとしては以上になります。

これまでSOが行うブランドの撮影に同行させていただいた経験は何度もありましたが、一から自分たちで
ディレクションを行うことは初めてで、心躍る素敵な撮影ができるまでの道のりには想像以上にたくさんの
工程があるんだと、SOの方々の大変さを実感しました。

逆を言えば、この大変な過程を乗り越えた先に楽しくてやりがいを感じるひと時が待っているということを
新たに体験することができた喜びを覚えた瞬間でもありました。

私は、学生時代に経験した撮影やショーをきっかけに一つのものをみんなで創り上げる一体感やワクワク感が
好きになりました。今となっては業務の一つに自分が大好きと思える『撮影』があることはとても幸せなことで、
モチベーションにも繋がっています。

この半年間で行った初めての撮影で、自分が考えたスタイリングが形になったときの感動は今となっても忘れられないほど心に刻まれています。

現在、Dress the Lifeではさまざまな部署において、現場のスタッフと共に作り上げるさまざまなプロジェクトが
動いています。
Webマーケティングもその一環として、9名のドレスコーディネーターの方に参加していただいており、撮影の
スタイリング決めや当日のフォロー、コーディネート記事作成などさまざまな形で携わっていただいています。
最近ではコロナウイルスの感染状況が著しく、撮影当日の立ち会いがなかなかできない状況も続いていますが、
ドレスコーディネーターにも同じような経験をしてもらえる機会があることが私自身とても嬉しく思っています。

これからも、私自身が感じた魅力や感動を後輩たちにもしっかり伝えていけたらいいなと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

矢野みなみ

本文の終わりです


新卒・中途・アルバイト採用受付中

募集要項、エントリー方法は下記ページよりご確認ください。

アルバイト採用


CORPORATE SITE

pagetop