RECRUIT BLOG

2022.02.11

入社13年…Dress the Lifeで働き続けている理由

いつもリクルートブログをご覧いただきありがとうございます。HR草野理沙と申します。

私は2009年に新卒採用でDress the Lifeに入社をしました。
20094月に入社してからもうすぐで13年…入社したころは、3~5年働いて、結婚するころには退職するのかな…くらいの気持ちで、まさかこんなにも長く在籍するとは思ってもいませんでした。(笑)

そんな私が、ドレスコーディネーター、チーフドレスコーディネーター、ショップマネージャー、店舗やDressesのアシスタント、HR・・と様々な経験をさせていただきました。その間に2度出産もし、今は育児をしながらお仕事をさせていただいています。
今回のブログでは私がなぜ今まで退職という選択をせずに、今もDress the Lifeでお仕事をしているのか、お伝えできればと思います。
実は、退職を考えたことは何度かありました。退職を考えた理由は、周りの友人とお休みが合わずカレンダー通りお休みできる仕事がしたい…とか、一生に一度の結婚式をお手伝いしている責任の重さに耐えきれなくなった…とか、結婚を機に…とか、その時々で色々とありました。
でもそのたびにやっぱりもう一度この会社で頑張ろうと思えたのは、その時の上司や同僚、同期の存在です。Dress the Lifeで働く“人”に支えられ、もう一度この“人”たちと頑張ってみよう。何度もそう思って、退職という選択をせずに、今までお仕事を続けてこられています。
私が就職活動をしていた時の話です。
当時私は4年制の大学に通っていて、商社や旅行会社、出版社など自分が興味のある企業の単独説明会や合同説明会に足を運んでいました。その中で参加した合同説明会で、Dress the Lifeのブースにふらっと立ち寄りました。
Dress the Lifeのブースには、人事の方や現場で働くドレスコーディネーターの方がいらっしゃいました。
お話を聞いているうちに、この“人”たちみたいにイキイキした社会人になりたい、この“人”たちと一緒に働いてみたい・・・、自然とそう思っていました。
ドレスコーディネーターという仕事があることを知ったのも、正直この説明会でした。しかし、お客様とこれほど密にかかわることができて、そして素敵なウエディングドレスに囲まれて毎日お仕事ができて、なんて素敵なお仕事なんだろう!と、Dress the Lifeの“人”だけでなく、ドレスコーディネーターというお仕事にもすぐに魅了されていました。
大学生のころは接客業のアルバイトに明け暮れていたので、接客業の楽しさややりがいを知っていたのも、ドレスコーディネーターという仕事をやってみたいと思ったきっかけになったと思います。
リクルートブログでもよく、Dress the Lifeで働く“人”についての記事があるかと思います。 
Dress the Lifeで働く社員はドレスコーディネーターの仕事や商品が大好きです。
でも、それと同じくらい、もしくはそれ以上に好きなのは、Dress the Lifeで働く“人”なんだろうなと思います。
だから私も、部署を異動しても、この会社で働いているのだと思います。

こんな会社で一緒に働いてみませんか?
きっとDress the Lifeで働く“人”の魅力を感じていただけると思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

BACK TO INDEX