ページの先頭です

ヘッダーの始まりです

メニューの始まりです


本文の始まりです

RECRUITING BLOGリクルートブログ

コロナ渦で感じる、人が集まって仕事をする意味

 – PANDA

みなさんこんにちはビジネス推進室PANDA(Professional Assistant Noncore Doing Alliance)マネージャーの石田です。
2020年からすっかりと私たちの生活は変化を見せ、今年もなかなかどこにも行けない日々が続きました。
二人の子供を持ち母としてはつらいものです。

しかしながら夏には延期されたオリパラピックも無事に開催され、連日のオリンピアたちの活躍に一喜一憂した方も多いのではないでしょうか?
一刻も早くあの会場にたくさんの観客が入って、歓声であふれる日を願わずにはいられません。
さてそんな中でも大きく変わったことと言えば、人との密を避けるために始まった、自宅にいてもできることではないでしょうか?
ネットショッピングに始まり、自宅にいながら何千と見ることのできる映画配信サイト、音楽のストリーミングサイト、そして現金を触らずに決済できる電子マネーの浸透等日本では少し遅れを取っていたような電子化の部分が劇的に加速して進められたように感じられます。
おかげさまでお財布を持ち歩く習慣がなくなってしまい、よく駐輪場で途方にくれます。
まだまだ駐輪場は現金決済が多いですね。。

DtLの電子化は何が進んだかなと考えるとまず大きく、本社のリモート勤務が通常になりました。
これまでは一般的な日本企業の姿で、毎朝全員出勤をし、朝礼があり、デスクについて業務スタートという流れでしたが、今は全員在宅にて業務を開始、社内SNSにて朝礼の配信という流れです。
店舗はお客様がいらっしゃるのでもちろん出勤ですが、神社挙式のお客様などは初回のお打合せをWEBで行うことも非常に多くなりました。
時代が変わり、なかなか思考が追い付かないことも多いですが、いいこともたくさんあったなと、今は非常に前向きにとらえています。

しかしながら正直、在宅勤務には良い面もありますが悪い面ももちろんあります。
在宅ですから、やはり家の細かなことに気が行ってしまったり、仕事とプライベートの境がなくなり、ダラダラと仕事をしてしまったりと、はじめのうちは快適に感じていたけれど、今では本社出勤が恋しく思う日もあります。

そんな私が実践して言えるのは、本社に行く必要がある業務の日は、できるだけ感じていたことや、思っていたこと、新しく思いついたことなどに関して他社と共有して意見をもらうということです。
”今話しかけてもいいですか?” ”ちょっと意見が聞きたいのですがこれどう思います?” ”これはこのほうが良くないですか?”と、とにかく色んな人に意見を聞きます。

家にいると考えが煮詰まることは多く、文字にしたり、SNS等で発散することも多いですが、やはり情報は生物だなと感じることも多く、ずっとその場所にいると気づかないけれど、みんなで集まって仕事をすることにも一つ意味があったんだなとつくづく感じます。


今後もリモート勤務は基本になりますが、また誰でもいつでも集まれる時代になれば、もっともっと活発な意見交換をしていきたいと日々感じています。

少し前の勤務形態をより進化させながら、より良い方向へと常に考えながら、行動していきたいと思います。
最後までお付き合いいただきありがとうございました、

 

石田

 

PANDAの業務はDtLでもコロナウィルスの影響を受けながらもしっかりと未来を見据えた新しい時代のスタートのための助走が始まりました。
私の部署でも上司が変わったりと変化があり、よりより社会に大きく貢献できる日を夢見ています。

本文の終わりです


新卒・中途・アルバイト採用受付中

募集要項、エントリー方法は下記ページよりご確認ください。

アルバイト採用


CORPORATE SITE

  • HOME
  •  > RECRUITING BLOG
  •  > コロナ渦で感じる、人が集まって仕事をする意味

pagetop