RECRUIT BLOG

2018.08.22

ドレス業界におけるメンズの価値

皆さん、こんにちは。
現在Fiore Bianca宇都宮店でショップマネージャーをしております中島優と申します。
経歴としましては、新卒配属にてTHE TRAT DRESSING福岡店で約1年半メンズコーディネーター。異動でJUNO天神本店で約1年半メンズコーディネーター。そして現在Fiore Bianca宇都宮店でショップマネージャーをしております。

最初はメンズコーディネーターといって、新郎様のトータルコーディネートを提案することから始まります。(ちなみに私は学生の時からドレス業界に行きたいと思っていたわけではございません)

メンズコーディネーター時代、『新婦が主役なんで・・・』こんな言葉をよく耳にしました。おそらく世間的にもそのようなイメージを持たれている方は多くいると思います。ただ、新郎様がいなくては結婚式は成り立ちません。だからこそまずは、福岡からメンズの衣裳の価値をもっと高めていきたいと思いました。

新婦様はドレスのトータルコーディネートを一生懸命セレクトし、それと同じくらい新郎様もタキシードのトータルコーディネートを一生懸命セレクトする。そんな2人がチャペルの扉、パーティ会場の扉から出てきた時の二人らしさが最も二人のトータルコーディネートとして素敵な瞬間だと私は学びました。だからこそメンズコーディネーターの仕事はとてもやりがいがあります。

メンズにしか出来ない提案、発想、仕事。女性9割の会社だからこそ、良くも悪くも男性は目立ちます。

弊社の良い所は手を上げればチャンスを頂ける環境です。そして年功序列ではない所。まだこの業界のメンズの衣裳はまだまだ発展途上段階です。ここには書ききれない程のメンズとしてのやりがいが、この業界、そして弊社にはあります。

そして、山ほど男子学生の皆様には伝えたいことがあるのですが、ブログではここまでにします。
メンズとしての野心を持ち、一緒にドレス=フォーマル業界をもっともっと盛り上げましょう。

BACK TO INDEX