RECRUIT BLOG

2021.10.01

WEBサイト制作

リクルートブログをご覧のみなさま、こんにちは。ITBS所属の山田と申します。
今回は私の業務の1つであるWebサイト制作について書かせていただきます。

Webサイト制作の中でも「制作をする環境の準備」の部分に特化してお話します。
※今回の内容は一例です。詳細等は省き、噛み砕いた説明をさせていただきます。

Webサイトを作るために必要なこと(もの)は
①サーバーを準備する②ドメインを取得する③システム(wordpress)をインストールする です。

一つずつ説明します。

まず1つ目に「サーバーを準備する」です。
サーバーとは?という方もいらっしゃると思います。サーバーとは、簡単にいうと、クライアント(PCやスマホ)からのリクエスト(要求)に対して、情報や処理結果を提供するコンピューターのことです。サーバーには様々な種類が存在し、サーバーによって役割やできることも違います。下記にサーバーの種類を紹介します。

【主なサーバー】
・Webサーバー→Webブラウザからのリクエストに応じて静的画面や画像を表示するサーバー
・AP(アプリケーション)サーバー→プログラムが置いてあるサーバー
・データベースサーバー→データーの管理を行っているサーバー
・メールサーバー→メールの送受信するために利用されるサーバー
・DNSサーバー→IPアドレスとドメインを結びつけるサーバー

2つ目に「ドメインを取得する」です。
ドメインとは「インターネット上に存在するコンピューターやネットワークを識別するための名前」です。簡単に例えるならインターネット上の「住所」のことです。下記の図でいうと「ffines.jp」部分がドメインになります。ドメインの取得に関してはドメインを管理している会社やサービスがたくさんありますのでここでは割愛させていただきます。

次に「システム(wordpres)をインストールする」です。
WordPressをインストールすると、インターネットに公開するページはもちろん、それらのページを作ったり直したりする管理ページも同時に使えるようになります。wordpressを使用しなくてもWEBサイトを作ることはできますが、wordpressを使用すると時間をかけずにテンプレートや機能を追加することで理想のサイトを実現することが可能です。サーバーへインストールする方法は各サーバーで手順が違いますのでこちらも割愛します。
検索エンジンで 「〇〇サーバー wordpress インストール」などで検索すると導入手順が出てきますので気になる方は検索してみてください。

上記の3つの手順でWebサイトを制作できる環境が準備されました。あとは制作をしていくだけです。いかがでしたでしょうか?
専門的な用語もあり、ピンとこない方もいらっしゃるかもしれませんが、今回はITBSの業務についてお話させていただきました。最後までお読みいただきありがとうございます。

私はDress the Life入社してようやく1年がたちました。
少しずつ業務を覚えることができてきましたので、今回は業務内容の発信をさせていただきました。
Dress the Lifeにはいろいろな職種がありますので、是非リクルートブログを読んでDress the Lifeのことを知って下さい。機会がありましたら一緒に働きましょう!

 

BACK TO INDEX