RECRUIT BLOG

2021.05.28

面接で心がけていたこと

いつもリクルートブログをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。
JUNO 小倉店の山中と申します。(写真右)

本日は、わたしが面接で心がけていたことをお話しいたします。

それは、自然体でいることです。
面接ですと緊張などで自分を出せない方も多いかと思いますが、わたしは素直に自然体でいることを心がけていました。
今考えるとハラハラする場面が多かったと思いますが、、

人それぞれ面接に臨むベストな方法はあるかと思うのですが、私のように人前で話すことが苦手な方や、緊張で面接がうまくいかない方はぜひ参考にされてください。
私はあまり人前で話すことが得意でなく、面接やグループディスカッションは苦手分野でした。
特にグループディスカッションでは聞き役に回ることが多かったと思います。
そんな中でも私が面接で自分を出すために心がけていたことが2つあります。

1つ目は自分の気持ちや入社後どんなコーディネーターになりたいかを事前に整理することです。

文章を考えるのではなく、改めて自分の気持ちを整理することによって、質問に対して緊張の中でも自分の気持ちをしっかりと伝えることができました。
文章を考えてしまうと、緊張で思い出せない時に言葉が出てこず、うまく自分の気持ちを伝えることができないと思ったからです。

何よりも、この会社に入りたい!という想いは1番に伝わるよう意識していました。
話すことが苦手でも、面接官の方は優しく聞いてくださるので安心してくださいね。
自分の想いを話すことが苦手だったり、人前で話すと緊張をされる方もいらっしゃると思いますが、まずは自分の想いを整理して面接に臨んでみてください!

2つ目は自分を表現できる服装で臨むことです。
リクルートスーツで参加の企業も多いと思いますが、あなたらしい服装での参加を促される面接もあるかと思います。
自分を表現できる服装や、周りの方々にどのように見られたいかを考えてコーディネートされてみてください。
お気に入りのお洋服を着ると、自然とワクワクして自信も湧いてきませんか?
あなたの想いを面接でしっかり伝えることができますよう、心より願っております。
一緒に働けることを楽しみにしています!

BACK TO INDEX