RECRUIT BLOG

2021.01.29

HR(人事部)とは?

いつもリクルートブログをご覧いただき、ありがとうございます。
HRの木下です。
突然ですが、皆様は”人事”と聞くとどんなお仕事を思い浮かべますか?
きっとほとんどの方が「採用」を一番に想像するのではないかと思います。実際に私もそうでした。そもそも人事という仕事について初めて考えるようになったのは、おそらく就職活動をしている頃だったと思います。就活イベントに足を運んでも面接を受けても、待ち構えているのはその企業の人事の方。正直、私の将来はこの方たちに「一緒に働きたい!」と思っていただけるかどうかですべて決まると思っていた頃もありました…懐かしいですね。
そして入社し、現在私も人事として働いているわけですが、社内にいてもコーディネーターをしていた頃は人事の仕事をはじめ、本社の仕事内容が全然見えていなかったのだと最近つくづく感じています。もちろんずっと人事の仕事に興味はあったので、立候補して採用活動のお手伝いをさせていただいたり、自分自身の異動などに伴い人事のメンバーとメールでやりとりさせていただくことなどはありましたが、普段どういう仕事をしているか等はほとんど理解できていませんでした。
Dress the LifeにはHRの中に大きく分けて以下の3つのチームがあります。
①採用・教育チーム
新卒・中途採用に伴う業務、入社者の教育研修やコーディネーターの定期的な接客・着装チェックなど
②人事チーム
社内規程の整備や認定・アワード獲得に向けた準備や申請、人事異動や評価・賞与に関わる業務など
③労務・総務チーム
給与や入社・退職に伴う手続き、産休・育休に伴う申請、勤怠管理など
詳しくはこちらのブログをぜひご覧くださいませ。

これまでのブログでも書かせていただきましたが、私は「ジョブカタログ制度」を利用しHRへ異動してきました。異動当初は採用・教育チームに所属し、新卒採用をメインに、人事チームのお仕事にも一部携わらせていただいていました。そして約2ヶ月前より労務・総務チームにジョインさせていただき、今はそのお仕事をメインに働いています。
チームが変わったことによる正直な感想をお伝えすると、本当に転職したのではないかと疑うほど初めての業務ばかりで、頭には毎日ハテナがたくさん浮かんでいます…!採用・教育以外の業務にも携わるようになってから薄々感じてはいましたが、さまざまな法律や協定に目を通す機会が増えましたし、よく言葉だけ耳にしていたことがこういう仕組みだったのか!と驚くこともたくさんあります。日々私の小さな疑問点にも快く答え、丁寧に教えてくださる労務・総務チームのメンバーには感謝の気持ちでいっぱいです。
また、HRに異動してから社内のさまざまな方と連絡を取り合うことも格段に増えました。自分自身がコーディネーターをしていた頃、いかにさまざまな手続きを代わりにしていただいていたのか痛感しましたし、店舗で勤務していた頃には見えていなかった部分を知ることで、自分自身の学びもたくさんありました。

現在は、もっと働きやすく効率的に業務がすすめられる環境にするために”新人HR”としての目線を大切にしながら、さらに改善できる余地をどんどん見つけていきたいと思っています。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

BACK TO INDEX