RECRUIT BLOG

2020.09.27

業務効率の先にあるもの

ご覧いただきましてありがとうございますPANDAマネージャーの石田です。今日は業務効率について書いてみようと思います。

『無駄をなくし、コストを削る』

おそらくこれは人々が働くというときの永遠のテーマであり課題ではないでしょうか?

私自身社会人になってからすでに12年、このテーマを考えなかった日はないのではないでしょうか?これ無駄じゃない?という疑いを持って、信念を壊すという作業は苦手な方は結構苦手ですよね。笑

私はおかげさまで概念や信念、当然というものがなく、不要だと思えば不要とできる人間です。笑子供のころから親が転勤族だった関係で小学校は3度転校しましたし、引っ越しも大好きで、一つのことに執着することがなかったように思います。 そんな私が所属している部署はまさに無駄をなくしてコストを削るそんな問題も一緒に解決できればと思っているビジネス推進室です。機械と新しいもの好きの私は基本的にペーパー管理が苦手です。可能な限りPC1台あればどこでも仕事ができる環境を整えていたいと考えています。接客者として店舗で働いていた時も、何か新しいシステムが入ると誰よりも先に触ってノウハウを身につけたがる無類の新しい機械好き。しかしながら、大所帯の店舗ではそういう変化にとても後ろ向きなスタッフも多いものです。そんなときにいつも心掛けていたのは、楽しそうに、そして頻繁に新しいシステムを使用している姿をできる限り見せることでした。そうすると、覚えれば便利そうだとか、なんだか面白そうだから私も触ってみたい!と意外となってくるものなんです。今も何かペーパーを廃止してデジタル化するときなどは、なぜこのデジタル化を進めたのかをきちんと伝えて、そして、できる限りわかりやすい方法で操作ができるように店舗へ配信を心がけています。

今は在宅ワークがメインになり、あまりスタッフと楽しくワイワイとする機会も減ってしまい寂しいですが、私が考えたアイデアでスタッフの仕事効率が進み、なおかつコスト削減できるような、なにかがないかといつも探しています。

もっともっと、業務は便利にスマートにすることができると思っています。それはどんなお仕事でも一緒だと思います。

しかしDtLのメイン業務はやはり接客です。接客は効率よくをテーマにはできない部分で、満足いただけるスキルと知識がやはり必要です。そんな店舗スタッフが接客に100%集中できるようなアイデアをたくさん出して、コストも抑え、パフォーマンスも上がり、お客様も満足いただけるそんな未来を1日でも早く手に入れられるよう、バックオフィスの私にできることを全力で考え続け、生み出し続けたいです。最後までお付き合いいただきありがとうございます。

コロナ時代、新しい生活を心がけて、素敵なお仕事を行っていきましょう!

BACK TO INDEX