RECRUIT BLOG

2020.07.22

WEB面接の心得

みなさま、こんにちは。
いつもRECRUITING BLOGをご覧いただき誠にありがとうございます。人事部の三笠です。

外出するときはマスク、お店に入るときはアルコールで消毒をするなど新たな日常が当たり前になってきた今日この頃ですね。
きっと就活中の皆さんも、今までとは違う就職活動になっているのではないでしょうか?
人事部などバックオフィスの部署はリモートワーク中心となっており、WEB上での打ち合わせが当たり前となりました。

就活中の方も、今やWEB面接は主流になっているのではないでしょうか。
そこで今回は、WEB面接を受ける際に役立つような情報をDtLの人事目線でお伝えします。

まずは基本的なことですが、自宅のネット環境の確認です。
WEB面接を行っているとネット環境が悪い方が意外と多くいらっしゃいます。必ず事前に確認されることをお勧めいたします。ネットで検索すれば速度チェックができるサイトもあるので、不安な方はそのようなサイトで確認されてみてはいかがでしょうか。
それ以外には、すぐに取り入れられることとして明かりを受ける方向や、画面中に占める人物の割合などにも気を配ると大きく印象が変わってきます。事前にテストをして、どの位置で受けるのがいいのかを確認されるといいかと思います。
また、WEB上での会話になると対面で会話をするときより、声や顔の印象が伝わりやすいと感じています。私自身もその都度、意外と無表情だな、とか早口だったな、と気づきがあります。WEBでは自身の姿が映し出されるので、今の姿は相手にどのような印象を与えるだろうかと自分の姿を客観的に見ることを癖づけておくと、重ねるごとにブラッシュアップができると思います。
今までの当たり前が当たり前でなく、様々な慣れないことに直面されている方もいらっしゃると思います。
ただ、どんな時でも環境変化をポジティブに捉え、その時々で柔軟に対応できる力はきっと様々な面で活きてきます。皆さんも今置かれている状況をプラスに捉え、自身の力に変えていってくださいね。
最後までご覧いただきありがとうございました。

BACK TO INDEX