RECRUIT BLOG

2019.08.25

プロの目線で行うドレスチェック

リクルートブログをご覧のみなさま、こんにちは。
大阪DCの遠藤です。
今日は大阪DC業務の一つ、クリーニング上がりドレスのチェックについてご紹介いたします。前撮り・挙式の大役を終えて戻ってきた衣装は、一旦は専門のクリーニング業者さんへお預けしますが、クリーニングから戻ってきましたら、次にお客様がお召しになる際に支障がないかのチェックをしています。・汚れが残っていないか
・破れやほつれが無いか
・香水などの匂いが残っていないか
・ファスナーの状態は大丈夫かさまざまな項目をチェックしていきます。レンタルであっても、気持ち良くお客様にお召しいただく状態を保つためです。もちろんドレスのデザインは多種多様で、素材もそれぞれ異なります。
基本のチェック項目は決まっていますが、ドレスの特徴に合わせた検品の目が必要なんです。
とても簡単にできそうなことですが、裏地の検品はドレスに潜り込んでになりますので結構な体力も必要ですし、見落とさない集中力も必要です。ボリュームのあるデザインによっては、とても一人では時間内での検品が終わらないため、2~3人がかりで行うこともあるんですよ。大物のドレス検品が終わった写真は晴れやかな笑顔ですが、検品中はそれぞれが集中していて、口を尖らせる人、眉間にシワをよせる人、ぶつぶつ独り言を言う人、など「見落とさない」という一心で、集中の仕方は様々です。
「このドレスが店頭に飾られて、お客様の目にとまる時」の為に、ひとりひとりがクオリティを保つためにできることを、DCでもお店でも、こつこつと続けるのみです。
そのための「気付く力」を高めて参りましょう!最後までお読み頂き、ありがとうございました。

BACK TO INDEX