ページの先頭です

ヘッダーの始まりです

メニューの始まりです


本文の始まりです

RECRUITING BLOGリクルートブログ

コレクションブックの撮影の裏側

 – 

皆様、こんにちは。
StyleOffice(スタイルオフィス)の三代と申します。

今回はブランドをたくさんの方に認知して頂く為に重要な役割を果たす、コレクションブックの撮影の裏側について、お伝えしていきたいと思います。

Dress the Lifeには、JUNO/Fiore Bianca/Authentique/The Sweet Collection byJuno)の4つのドレスブランドがございます。

StyleOfficeは自身が担当するブランドのビジュアルクリエイティブをつくる役割もあり、ブランドの世界観や取扱商品、デザイナーについてなどを表現しまとめたものを「コレクションブック」と呼んでいます。(呼び方はブランドによって異なります)コレクションブックを制作していくにあたっては、たくさんの工程がありますがその内のひとつが「素材の撮影」です。撮影までに行っていく準備段階が実は一番の重要なポイントとなります。

ディレクターと共に確定した撮影ロケーションにロケハンに出向き、どんなショットが撮れそうか、撮影イメージと合いそうかなど自分たちの足で歩いて確認をしたり、撮影当日までに、必要な商品たちを香盤表という撮影のスケジュールに合わせてピックアップします。
もちろん、商品たちはグループ内各ショップのスタッフに多大なる協力を頂き、撮影場所に漏れなく届けることがマストとなります。撮影当日はどうしても人出が必要になることが多い為、ショップのスタッフにもサポートに入って頂くことも多くあります。カメラマンやヘアメイクなど社外のクルーも含め全員で一丸となって、タイムキープをしながら、より素敵な作品が撮影できるように、色々なことに気を配りながら協力して進めていきます。例えば一瞬の日光の差し加減を狙ったショットなどを撮影する場合は全員の阿吽の呼吸が必要になります。失敗はできませんが、ブランド素材の完成度がより高いものになるかどうかの分かれ目に、それぞれの分野のプロと協力をして作り上げていく面白さが、醍醐味だと感じます。撮影が無事に終わった後は、画像のレタッチ(修正など)や、デザインのチェック、文章・中身の詳細の入れ込みとチェックなどの工程を経て、やっと1冊のブックが完成します。

コレクションブックを手に取った際には、どのようにして制作されたのかの背景をイメージしてみて頂くことで、ブランドの世界観だけでなくお仕事の面白さも、感じて頂けるのではと思います。

本文の終わりです


新卒・中途・アルバイト採用受付中

募集要項、エントリー方法は下記ページよりご確認ください。

ENTRY


CORPORATE SITE

pagetop