RECRUIT BLOG

2019.01.06

同じブライダル業界からドレスコーディネータに転職

リクルートブログをご覧の皆様こんにちは。イセタンブライドでドレスコーディネーターをしております、熊谷瀬奈と申します。

今回のブログではDress the Lifeへの転職について皆様にお伝えしたいと思います。

私は中学3年生の頃、恩師の結婚式に参加したことをきっかけに結婚式に関わるお仕事がしたいと思うようになりました。その後、念願であったブライダルの専門学校に通い始め、最初は、婚礼事業に特化したホテルに就職いたしました。

婚礼業務という広い範囲で働く中で様々な事を経験しましたが、ご新郎・ご新婦様にお二人らしい素敵なお衣装をご提案したい、ご新婦様の最愛の1日を最も輝く1日にしたいという思いから、ドレスコーディネーターとして働きたいという気持ちが強くなり、転職を決めました。

元々ドレスが好きだったこともあり、本当にワクワクした気持ちで入社し、コーディネーターとして勤務するようになった今も変わらず、毎日をワクワクした気持ちで楽しく迎えております。

入社してからは、1人で頑張るという気持ちよりも、私のことを思って指導してくださる先輩の皆さんや、女性としても社会人としても尊敬できる上司、いつも後ろから背中を押してくださるお姉さま方、みんなで頑張っていこうという気持ちが強いです。

ブライダル業界は女性も多く、人間関係や環境を心配される方も多いのではないかと思います。
Dress the Lifeに入社して以来、一緒に頑張る仲間ができた事によりプライベートの時間もさらに充実するようになりました。信頼できる職場のみなさんに出会え、ブライダル業界での人間関係の心配は一切なくなりました。

また、お姉さん制度という、一人ひとりに先輩のお姉さまがペアになってくださる制度や、中途採用での入社でもしっかりとした研修制度もあるため安心して勤務できると思います。

ドレスコーディネーターというお仕事は、花嫁様の最愛の1日を作り出すための大切なお仕事です。
お一人お一人に合わせたイメージや要望を明確化し、はじめて花嫁様の運命の一着を見つけ出せたときの喜びは、今でも忘れられません。

これから、もっともっとたくさんの花嫁様やご新郎様・ご親族様に幸せを与えられるようなコーディネーターを目指し、頑張っていきたいと思います。

この記事を読んでくださっている皆様にいつかお会いできますことを楽しみにしております。

BACK TO INDEX