RECRUIT BLOG

2018.10.13

お店の空間づくりもバイヤー・PRの大切な仕事

みなさま、こんにちは。
Authentiqueブランドのバイヤー/PRをしている柳町と申します。

 Authentiqueは、ヨーロッパのブランドを中心に取り扱う、「王道クラシカル」をコンセプトとしたブランドです。バイヤー/PRの仕事は、ドレスを中心とした商品の買付はもちろん、オリジナル商品の企画打ち合わせ、PRに関わるイベントの企画発案、それをカタチにする為の素材や協力会社の開拓や予算管理、店舗商品の状態や店内ディスプレイ備品の管理に至るまで、とても幅広く業務が存在します。

そんな日々の業務の中でも、新店舗OPENというとても大事な仕事があります。Authentiqueは、昨年の大阪店・横浜店に続き、2018年も軽井沢やイセタンブライドと多くの新店舗がOPENしました。1番最近では、ブランドの基幹店である銀座店が大きくリニューアルし、91日にOPENしたばかりです。
店舗ごとに、デザインコンセプトを決め、内装デザインをしてもらいます。

大阪店と銀座店は、「パリのアパルトマン」横浜店は、「パリのホテル」ヨーロッパのブランドを取り扱うAuthentiqueだからこその、拘りを持ったコンセプトを設けています。

今回、ご紹介させて頂くのは、拘りの店舗内装に必需品である、ディスプレイ備品の手配についてです。ブランド名でもある、Authentiqueは「本物の」「正真正銘の」という意味があります。ドレスはもちろん、ディスプレイ商品も本物に拘り、ドレスの買付で海外に行った際は、空いたスケジュールも無駄にせず、ディスプレイ品の買付も行います。

パリでは、みなさんもご存じの世界最大級のアンティークマーケット「クリニャンクールの蚤の市」や、小さなアンティークショップをいくつも回ったり。

ロンドンでは、「Portobello Road Market」を巡り、本場ヨーロッパのアンティーク品や洋書を探し購入してきます。 購入してきた備品は、新店舗OPEN準備の際に、真新しい店内にアンティークの落ち着きという光を置くように飾るのも私たちバイヤー/PRの仕事の一つです。

古く歴史を経たビンテージの品々は、決して主張することなく、ひっそりと店舗の中で調和しながら、欠くことの出来ない存在感を放っています。


もし、みなさんが店舗へ来られることがあった際は、少しだけそういう部分にも目を向けて見て頂けたら嬉しいです。

BACK TO INDEX