ページの先頭です

ヘッダーの始まりです

メニューの始まりです


本文の始まりです

高木 美陽

Vol.2

いつも真剣な緊張感を持って
人に伝えたい
本当に上質な商品の魅力

2010年4月入社
MDQC(マーチャンダイジングクオリティーコントロール)
高木 美陽

国内外の新商品説明会や展示会に出向き、ドレス等の商品を仕入れて、品質を管理する。店舗との意思疎通も重要。交渉スキルはもちろん、衣装デザインや素材の知識、マーケティングや国際感覚、トレンドの変化に敏感なセンスも要求される。

Career
Plan
  • 1年目

    ドレスコーディネーターとして
    JUNOシーホーク店に配属

  • 4年目

    MPP(最優秀コーディネーター賞)
    を受賞、JUNO熊本店に異動

  • 5年目

    本社MDQCに異動(現在)

Career Plan

INTERVIEW DETAIL

華やかさだけでない準備や気配り

店舗のドレスコーディネーターからMDQCに配属されましたが、別の会社かと思うほど業務内容が変わりました。今まで交渉される側だったのが、する側に立っています。

仕事風景

海外買い付けは、4-5月と9-10月の年4回。「ブライダルファッションウィーク」には、約1週間のスケジュールと4人ほどのメンバーで、各ブランドのショーを回って商品をセレクトします。弊社が持つブランドや複数の店舗形態それぞれに合う商品を買い付ける必要があります。
現地企業との交渉は、単価やロット、納品スケジュール以外に、日本人女性向けのデザイン調整など、細部にまで渡ります。そういった華やかで刺激的な仕事の他に、発注書の処理やメーカーとの連絡など、地味な事務作業も多い仕事です。

あの失敗から学んだ大切な緊張感

学生の頃からブライダル業界に興味があり、結婚式場で4年間アルバイトしていました。そのため、1年目はハードでしたが楽しく働くことができました。ただ、何年目になっても感じるプレッシャーは、まるで人命を預かる医師のようなものだと感じています。実は、今でも忘れられない失敗があります。式の前日に最終確認したはずが、実際に披露宴でお客様にベルトを着けていただくと、何と長さが足りなかったのです。開始を1時間遅らせていただく間に、他店に取りに走って何とか凌ぎましたが、お客様の人生の大切な日に取り返しがつかない事態を引き起こし掛けた時は、本当に生きた心地がしませんでした。

商品を通じて人に伝えたいメッセージ

結婚式のような特別な一日のプレッシャーこそありませんが、商品の選択がそのまま自分の評価に繋がる別のプレッシャーがあります。店舗のお客様と接することがない分、どうやってドレスの魅力をスタッフに伝えられるかを常に考えています。商品になるまでの過程を知らない若いコーディネーターたちのために、積極的に勉強会を開いたり、質問に答えています。お客様はもちろん、現場のスタッフが喜ぶ声が何よりの励みです。

仕事風景

変化して成長し続けられる環境

この会社には常に変化していこうとする社風があり、上質な商品やサービスをお客様に正直に伝えられる環境です。尊敬できる上司や、頼れる後輩にも恵まれています。

仕事風景

今はまだ、上司の判断を仰ぐ立場ですが、これから自分でも判断できるスキルを身につけ、店舗とより密になって、JUNOの「エレガント&ラグジュアリー」なドレスをお客様にお届けしていきます。ブランドと一緒に、自分自身も成長していければと思っています。

Time Schedule

出社

朝礼

全体共有と気付きの発表

メールチェック

メールチェック

取引先からの発注状況確認・店舗からの問合せ確認

メーカーと打ち合わせ

新商品の案内を受ける
オリジナル商品の企画等

メーカーと打ち合わせ

ランチ

グループ研修  打ち合わせ
勉強会に向けて企画・コーディネートチェック等

雑誌掲載商品のピックアップ

雑誌掲載商品のピックアップ

編集社(エディターさん)から依頼されたテーマに沿って商品を選び、PRチームに依頼

発注書作成

購入した商品の発注書作成し
メーカーへ送り出しをする

退社

本文の終わりです


新卒採用2018エントリー受付中

募集要項、エントリー方法は下記ページよりご確認ください。

ENTRY


CORPORATE SITE

pagetop