RECRUIT BLOG

2023.01.20

ShopManagerのやりがいとは

ブログをご覧の皆様こんにちは。

Dress the Lifeにはドレスコーディネーター以外にも様々な選択肢があります。
ドレスコーディネーター、人事やマーケティング、商品を買い付ける人などはイメージしやすいかと思いますが、今回はそんな中でもショップマネージャーについてお話させていただきます。ショップマネージャーというとどんなイメージがあるでしょうか。

“誰よりも働いていてきつそう。” “ショップメンバーのミスでいつも謝っていて大変そう。”
“いつも一人で黙々と事務作業をしていて話しかけにくい・・”

私達だけでなく、どの会社でも大抵はこのようなイメージではないでしょうか。

「マネージャーは尊敬できる仕事だなと思うけど、私には出来ないかな。」私もマネージャーになる6年前までは同じように思っていました。

結論から言います、6年経った今の私の感想は「ショップマネージャーより楽しくてやりがいのある仕事って他にないのかも。」です。語りだすとここには書ききれないほどなので、なるべくわかりやすくお話します。

私が考えるショップマネージャーの楽しいところは、自分だけのオリジナルのチームを持てることです。
会社から責任を持って任せてもらっている、自分だけのドレスショップです。

そこには美しい商品と愛らしいコーディネーター、試着を心待ちにするお客様、一緒に素晴らしい一日を作り上げてくれる心強いパートナー様の存在があります。
どんなビジョンを描くか、どう試行錯誤していくかは決められたルールがありません。

「もっとこんな商品があったら素敵なのに、もっとコーディネーターがこんな言葉をかけてくれたらお客様に楽しんでいただけるのに。」

もっともっと、もっと良くなりたい。
そのために何をしよう?
日々その繰り返しです。

もちろん、綺麗にうまくいかないこともあります。
店舗にショップマネージャーという役職は一人なので、ある意味では常に孤独を感じています。
あのときの判断は正解だったかな?もっとこうすればよかったかな?と常に自問自答。
そんな中でも特にやりがいを感じる嬉しい出来事は、チームメンバーの成長です。

「今日、お客様に〇〇さんが担当でよかったですと嬉しい言葉をかけていただけました!」
「見てください!お客様とお話してこんなにかわいいコーディネートに仕上がりました!」
「もっとチームをよくするために、私こうしたほうがいいと思うんです。」私が試行錯誤していく中で、愛を持って一緒に付いてきてくれる大切な仲間達。

お客様とのやり取りで嬉しかったことの報告はもちろん、自分で考えてお店を良くするための相談をしてくるメンバーまで・・
一人ひとり立場は違えど前向きに考えて働いてくれてるなと感じられ、まさに「マネージャー冥利に尽きる」というものです。

前向きに自分で考えて行動できるコーディネーターが増えると、楽しげな笑い声がフィッティングルームから聞こえ、満足いく1着に出会えるお客様が増え、最終的に売上という結果になって返ってきます。

じゃあ、もっと次はみんなでこんなことしてみよう!
考え行動すればするほど良くも悪くも結果となり、そこにやりがいがあって楽しいのがショップマネージャー。

自分でやったことが全て自分に返ってくるからこそ、誰かに左右されずストレスフリーな気さえします。あのとき思い切って挑戦したからこそ得られた、私のたいせつなドレスショップ。

みなさんが思うよりずっと、ショップマネージャーってわくわくする楽しいお仕事かもしれません。
このブログが少しでもだれかのお仕事選びの参考となれば嬉しいです。

BACK TO INDEX