RECRUIT BLOG

2022.09.08

ドレスコーディネーターとしてやりがいを感じる瞬間

リクルートブログをご覧の皆様、こんにちは。

いつもDress the Lifeのリクルートブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。
Authentique銀座店でドレスコーディネーターをしております佐藤文音と申します。(写真上段右から3番目)
写真は半期毎に行われるKICK OFFの際に銀座店のメンバーで撮影した写真です。


今回は、この仕事だからこそ経験の出来る【やりがいを感じる瞬間】をお伝えが出来ればと存じます。
 
私は2021年の1月にDress the lifeの想いに惹かれ、共感し、中途採用として入社いたしました。
前職では他社で8年間ドレスコーディネーターを経験し、経験を積んでいく中で「大好きなドレスコーディネーターの仕事を一生の仕事としたい!」と強く思うようになりました。
 

なぜ、そのように強く思うようになったのか。
それは、この仕事だからこそ経験の出来る【やりがいを感じる瞬間】があるからです。
 
私がやりがいを感じる瞬間とは、感動の瞬間に立ち会える瞬間です。

 美しい衣装を纏ったご自身や、ご自身のパートナー、ご家族、ご友人。
鏡に映ったご自身のお姿をご覧になったときの嬉しそうな表情。
準備が整い、カーテンを開けた瞬間の柔らかい表情を拝見したときに心の底から「この仕事をやってきて良かった」と実感します。

また、お客様の運命の1着をご提案できたときの達成感はとても大きく、自信にも繋がります。
お客様のお好みと、パーソナルな部分を合致させ、最大限に魅力を引き出せたと感じたときはもっとプロとして精進したい!という気持ちが高まります。
 

そして、お客様から「佐藤さんが担当で良かったです」と仰っていただけたときは
本当に幸せな気持ちになります。

聖書の一節に、このような言葉があります。
「幸福は与えられるより、与える方が幸いである。」
ドレスコーディネーターの仕事を通して、この言葉の意味を実感いたします。

最後までご拝読いただきありがとうございました。
少しでもリクルートブログを御覧の皆様の就職・転職活動の参考になりますと幸いです。

BACK TO INDEX