ページの先頭です

ヘッダーの始まりです

メニューの始まりです


本文の始まりです

RECRUITING BLOGリクルートブログ

実際はどうなの?DtLママ社員のワークライフバランス

 – ママ社員

いつもリクルートブログをご覧いただきありがとうございます。
マーケティングでDressesの運営を担当している新谷早紀と申します。
2014年に新卒入社後、ドレスコーディネーターを経てマーケティングに異動し、2020年に息子を出産。
2021年5月に復帰し、現在も産休・育休前と同じくマーケティングで勤務をしています。

復帰直後はパソコンのタイピングや文章の組み立て方を考えることすらまともにできず、簡単な社内メールを1通送るだけで30分以上かかるほどの衰えぶりで、、(笑)
コロナ禍で長らく赤ちゃんとばかり接していたので、大人との会話も久しく仕事できるのか本気で心配になりましたが、、いざとなるとどうにかなるもので、今も変わらずお仕事をさせていただいております^^

今回は、そんなDress the Lifeにおけるママ社員のワークライフバランスをお話しさせていただきます。
現在ママで再就職・転職先を探されている方、Dress the Lifeで結婚・出産後も働き続けたい方にご覧いただけると嬉しいです。
※あくまでもわたし個人の価値観ですので、こんな社員もいるんだなという目線でお読みください^^

「曜日限定社員」と「時短社員」という制度

わたしは仕事もプライベートも充実させるために、「曜日限定社員」「時短社員」という制度を用いて復帰しました。

曜日限定社員は、土日のうちどちらか1日を定休にできる制度。※給与に係数がかかります。
時短社員は、通常8時間勤務のところを6時間まで勤務時間を少なくすることができます。※給与に係数がかかります。

当然、お給料は少なくなってしまいますし、働く時間が短くなる分、常に効率を意識しないと仕事が終わらないというリスクもあります。
また、現在はSNS運用を担当しているため、子どものお夕飯を見ながら作業をするなど、時短といえども仕事を優先しないといけない場面もあります。

ですが、「できる限り子どもとの時間を持ちたい」、「家族全員で過ごせる時間を確保したうえで働きたい」を大切に考えていたわたしにはこの制度がぴったりでした!
ドレスコーディネーターのママ社員の場合は、担当のお客様がいらっしゃることで常日頃、責任やプレッシャーを感じるなどまた違った要素もあります。
ですが、Dress the Lifeで働き続けるママ達はそれぞれの仕事にやりがいを感じて、自身にとってベストな働き方を模索して取り組んでいる方がほとんどだと思います。

私自身、こういった制度を用いてママ社員としてワークライフバランスを保った働き方をできる環境に感謝しています。
ちなみに、、来年の5月から「曜日限定社員」の制度は廃止され、正社員は基本的に土日出勤となります。
時代の変化によって会社の在り方も変わっていくので、制度の改正は致し方ないと捉えていますが、これにより今後のワークライフバランスを考えていかなければなりません、、!

会社としては、働き続けるママ達への支援(シッターの補助金制度等)を約束してくれているので、変わらずに正社員として続けたいと思っているママには心強いサポートがあります。

先々のことを見据えてこのまま正社員として続けるのか、今子どもとの時間を大切にするためにアソシエイトとして身分を変えるのか、、
まだわたしの中で答えは出ていませんが、振り返ったときにこれで良かったんだと思えるようにじっくり検討するつもりです。

これから入社を考えている方には、ぜひ結婚・出産後のワークライフバランスも視野に入れてみてくださいね!
ここまでご覧いただきありがとうございました。

本文の終わりです


新卒・中途・アルバイト採用受付中

募集要項、エントリー方法は下記ページよりご確認ください。

アルバイト採用


CORPORATE SITE

  • HOME
  •  > RECRUITING BLOG
  •  > 実際はどうなの?DtLママ社員のワークライフバランス

pagetop