RECRUIT BLOG

2022.06.17

すべての人生に彩りを とは…?

みなさま、こんにちは。この度はリクルートブログをご覧頂き、誠にありがとうございます。岐阜のドレスショップsilver hangersにてショップマネージャーをしております、渡辺有紀と申します。(集合写真右下)

現在ショップマネージャーをしながら、採用活動にも携わらせて頂いております。面接で皆様とお顔を合わせてお話させて頂くと、自分が求職者としてDress the Lifeで働く方々と触れ合い、まだ入社していない一人の人間に対しても親身に、そして真剣に向き合ってくれたときのことを最近のことのように思い出します。採用活動に携わらせて頂く中で、少しでもDress the Lifeで一緒に働きたい!と願って下さる方たちの参考になればと、本日は私が実際にドレスコーディネーターとして【すべての人生に彩りを】提供出来たと感じたエピソードをお話したいと思います。

Dress the Lifeに入社してからの6年間、silver hangersでたくさんのお客様の大切な1日のお手伝いをさせて頂くことが出来ました。その中の1組が、学生時代から一番親しくしている友人でした。結婚が決まる前から彼も含めて仲良くさせてもらっていたこともあり、結婚が決まったと彼女から報告を受けたときは本当に幸せな気持ちになりました。そして、海外で挙式を挙げたい、そのときの衣装をぜひお願いしたいと話してくれました。彼女のことをよく知っているからこそ彼女の美しさを引き出してくれる、海外挙式にもピッタリなドレスを提案し、トータルコーディネートまで一緒に決めました。


挙式当日は私も招待され、挙式前の写真撮影の時間のアテンドをし、2人にとっての大切な結婚式に参列させてもらいました。今まで一緒に過ごした中で一番輝いていた、本当にキレイだと感じた瞬間でした。彼と彼女の親族・親しい友人に囲まれてのあたたかな挙式、その後の食事会も素敵な時間でした。その中でも印象に残ったのは、彼女のお父様から頂いた言葉です。「あのときの有紀ちゃんに、まさかドレスを選んでもらってあの子が結婚式を挙げるなんて…本当に今までありがとう」「あの子にはこんな素敵な友達がいて、本当に幸せだね」結婚式は2人にとってはもちろんのこと、家族や友人にとっても記憶に残る大切な1日です。思い出話をしながら笑顔で語り合い、時には涙をし、そんな素敵な時間を彩るアイテムの1つでもある衣装をお手伝いさせて頂けるのは本当に幸せなことだと感じました。

彼女たちは今現在元気な子どもと3人で暮らしています。子どもの記念写真の隣には結婚式のときの写真も並べられていました。そして、お店に遊びに来てくれるたびに「ここに来るといつもドレス選びのことを思い出す。本当に素敵なドレスだったよね」と笑顔で話してくれます。

みなさんは「すべての人生に彩りを」と聞いて、どんなことを想像しますか…?
私は結婚式を挙げる2人だけでなく、2人と関わる全ての人たちにとって、そして結婚式当日だけでなくその日を迎えるまでから今日この日まで、こころを豊かにし、幸せを感じてもらうことだと思います。

Dress the Lifeではそんな想いを大切にする素敵なお仕事が出来る会社です。ぜひ私たちと一緒に「すべての人生に彩りを」提供してみませんか?

BACK TO INDEX