RECRUIT BLOG

2022.02.23

コロナ禍で行ったイベントで感じたこと

みなさまこんにちは。マーケティングの高橋と申します。自社メディアDresses(ドレッシーズ)を運営しています。
Dressesとは、結婚式場紹介サービスや、ドレスの最新情報など発信する、花嫁さまのためのメディアです。

今回は、先日2022年1月に福岡で開催したDressesイベントについてお話しいたします。
このイベントは、「これから」の結婚式準備のための特別なブライダルフェスタです。
・どんな結婚式場を選べばいいかわからない
・何から準備を始めればいいかわからない
このようなおふたりのために、式場診断からドレス診断、賢い式場選びのコツがわかるミニ講座や、何でも質問できるコンシェルジュなど、結婚式の準備がグンと進むイベント内容にしました。


ちょうど、コロナ感染が増え始めた時期と重なりましたが、感染予防を徹底して行うことをお客様に伝え、安心してイベントにご参加頂くように準備をすすめて行きました。
イベントの目玉は、「ファーストドレスフォト」。

ファーストドレスフォトとは、はじめてドレスとタキシードを着た日を撮る写真のこと。わたしたちDressesが作った造語になります。
結婚式準備の中でも、最も気分が高揚する「初めてのドレス試着の瞬間」を写真に残すお手伝いをし、ファーストドレスフォトという文化を広めたいと考えました。
お二人とって思い出に残る時間にするために、フォトブースのデザインを考え、ウェディングドレスやタキシードの準備などを行いました。
イベント当日、ファーストドレスをお召いただいたお二人のご様子は、新郎さまが新婦さまに「綺麗だね」と素直に伝えている場面や、ご自分のドレス姿をみて感動されている新婦さまをもいらっしゃいました。
お二人を見ている私たちも気分が高揚し、とても素敵な瞬間に立ち会うことができました。そして、「結婚式場が決まる前の段階からファーストドレスフォトの体験ができて、今日来てよかったなと思いました!他にご来場された花嫁さまもとても喜んでもらえると思います!」というとても前向きな感想を伺うことができました。
ファーストドレスフォトを通して、コロナ禍でもこのような体験をご提供できた事にとても意義を感じました。
ウェディングドレスを扱う私たちだからこそ、実現できるファーストドレスフォト。貴重な瞬間をお写真に残すことができるイベントは、これからも続けて行きたいです。

また、今回のイベントにご参加いただいたほとんどのお客様へ、結婚式場をご紹介することもできました。
結婚式場が決まったあとは、私達のドレスショップへいらして頂き、改めてウェディングドレスをお選び頂くことになります。
このイベントを通して、ファーストドレスフォトから結婚式場をご紹介、ウェディングドレス選びから結婚式当日まで、お二人のお手伝いをさせていただけることができます。コロナ禍で、結婚式を開催することに前向きになれなかったり、悩んだり、迷ったりするお二人も多くいらっしゃると思います。
今回のイベントも、コロナの影響によりご参加を見送られた方もいらっしゃいました。
しかし、ウェディングドレスは、お召いただく本人だけでなく、周りの人をも幸せにする力があるということを今回のイベントで実感しました。

一日でも早く、みんなが安心して結婚式を行い、一人でも多くの方に安心してウェディングドレスをお召いただける日が来ますように。。。

BACK TO INDEX