RECRUIT BLOG

2021.10.16

年に一度の着装試験

いつもリクルートブログをご覧いただきありがとうございます。
ST.MARGARET dress salon by JUNOにてドレスコーディネーターをしております近藤佳穂と申します。今回は先日行われた着装試験について皆様にお伝えしたいと思います。着装試験は年に1度、全コーディネーターが受ける和装実技試験です。色打掛、留袖、本振袖、紋付袴の4つの項目で評価され、制限時間内にどれだけ美しく着付けられるかをチェックし合否が決まります。
私たちコーディネーターは試験に向けて、打ち合わせの合間を見てスタッフ同士アドバイスし合いながら練習に励んできました。お客様に美しい状態でご試着いただくため丁寧に、お客様を必要以上にお待たせしないためスピーディーに、そして流れるように美しい所作も大切なポイントです。一朝一夕でマスターできるものではないからこそ、日々の練習が欠かせません。本来であれば関東・関西・九州それぞれの近隣店舗メンバーが集まり合同で行われる試験ですが、今回はコロナ禍ということもあり、各店舗ごとに試験が行われました。

私自身、Dress the Lifeに入社して初めての着装試験でとても緊張して臨みましたが、今回の着装試験の結果…無事に合格することができました!しかし試験に合格したからゴールではなく、試験でフィードバックを受けた課題を理解し、これからの日々の接客に活かし、よりお客様に喜んでいただけるよう更に精進していくことがとても大切であると感じています。
Dress the Lifeはもともと明治28年創業の呉服店からスタートした会社です。ウエディングドレスだけでなく和装も大切にしている会社だからこそ、そのこだわりぬかれた商品の知識だけでなく、着付けやその所作も大切にしています。来年は今回の課題をクリアして、さらにレベルアップできるようコツコツと努力を積み重ねていきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

BACK TO INDEX